So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ラジカセ [楽器・機材]

sansui1.jpg


ラジカセを買った。テープ作品をリリースしていながら聴ける環境がないというのは無いなあと(笑 実は昨年末の大掃除でカセットデッキとカセットウォークマンを発見していたのだが、カセットデッキは譲ってしまおうと動作チェックをしたら電源は入るものの動かず。慌ててウォークマンををチェックするも同じような状況。やはりモーター系機器というのは動かしてないとダメになるようである。家電量販店に行くのも面倒だし、例よってamazon検索をしたところ少ないながらも生産されていることが判ったので、6000円程度の安価なものを購入してみた。デザインは昔のラジカセっぽくてまずまず。音はさすがにこの値段ではPCのオマケについてくるような外付けスピーカー程度だが、音量はある。

面白いのはUSBフラッシュメモリが挿せて音楽ファイルが再生できたり、Bluetoothスピーカーとしても使えるところ。実際に使かうかどうかは別としてひっそりと進化していた。ちなみにきちんと再生できました。
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Collaboration [音楽]

gucci1.jpg


このブログには一番縁遠いと思われるこの画像(笑 これは多摩川音響のファースト音源でお世話になっている千里レコードさんのカセットを取り扱っていただいている、中目黒のお店WaltzとGUCCIがコラボレーションすることになったらしく、イベント配布用として製作されたコンピレーションカセットです。有り難い事に千里レコードから鈴木 庸聖さんと多摩川音響の音源が選ばれました。家にカセットデッキがないので他の方の音源が聴けていません。なので全体的にどんな感じなのかわからないのですが、自分の曲はかなり素っ頓狂な楽曲だったので(笑  「大丈夫かな」と思ったり。でもこういう音楽を面白がってくれる人がいるというのは嬉しいものです。

gucci2.jpg


Waltzさんはこういう素敵なショップです。

http://waltz-store.co.jp/

さて3作目も頑張らねば。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

The Blind Swordsman [音楽]

zatou1.jpg


今日は一日サンプラーと格闘。ほったらかしだったので使い方をすっかり忘れていた。今回のレコーディングではメイン楽器の一つとして復活させる予定。

で、話変わって画像は僕と同年代の方ならピンとくるであろうこのタイトル。そう勝新太郎の「座頭市」シリーズである。ブルーレイ9枚組の全25作品。国内版のボックスセットだと6万円ぐらいするが、こちらは北米版なので三分の一以下のお値段。Criterion社というところが日本の映画のリマスター版をいくつか出していてどれもクオリティが高いと評判だったので思わず購入。一番古いものは50年以上も前の作品だが、実に丁寧なリマスターで素晴らしい画質である。内容も今見ると実に面白い。CGなど当然ない時代のカメラワークもいいし、殺陣もいい。特に殺陣は(変な言い方だけど)美しい。最近の殺陣は、きちんとできる役者が少ないのかやたらカット割りが細かいのだが、この時代は(技術的な問題もあるのだろうけど)引きのワンカットである。メイキングもついていたりするが、勝新太郎の居合はリハの段階から吃驚するほどに速い。

このCriterion社は、面白い会社で他に「子づれ狼」とか「修羅雪姫」とかを販売しているのだが、それぞれ<Lone Wolf and Cub><Lady Snowblood>というタイトルで販売中。こちらも余裕があったら欲しいかも。
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

春のギター [音源]

hamadaikon1.jpg


今年の花粉症は酷い。しかも、近頃はヒノキの方が症状が顕著な気がする。薬があるので昔よりはだいぶマシになったような気もするが、ヒノキの症状は喉が痛くなるのが辛いところ。

さて入手後全く触れていなかった楽器を持ち出す。ギタリストなら一度は弾いてみたい(? ポルトガルギターである。

pg1.jpg


これがなかなかの難物。まずチューニングが特殊。低い方からDABEAB。弦楽器ではまずなさそうなチューニングである。しかもこのチューニングキー(ネジ)である。しかも弦は自分で作らなければならない。ピックも特殊でおまけにテンションがキツい。プレイヤーが少ないハズである。ようやく演奏できそうな気がしたので最近練習していたのだが、やはり大変。そこで少しだけチューニングを変更してCGBEABとしてみた。



これでもなかなか大変なのだけど、なんとかなりそうな気がしてきた(笑 ちなみにピックもギターピックを使用。その道の方々からは大目玉を食いそうな奏法だが、不思議な事にだんだん気に入ってきた。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

125とチューニングと [音楽]

gamen1.jpg


今度の楽曲は、「ソフト音源だけでなくなるべく実際の楽器を演奏してみよう」と思ったので、まずはパーカッションの類を演奏してみることにしてスリットドラムから試してみる。前の音源も打ち込みではなく人力だったので大丈夫だろうと思っていたら、えらく下手くそになっていた(笑 やっぱり使う部位が違うとダメらしい。一旦想定しているBPMに合わせるのを止めて自分の好きなテンポで叩いてみると、どうもBPM125が自分のなかで一番しっくりくるようだ。思ったよりだいぶ早い感じである(ちなみに弦楽器を弾くとだいたいBPM90)。これはかなりガッツリとリハビリしないと駄目である。

buzuki5.jpg


それからブズーキのチューニングで、思いついたことがあったので試してみる。自分の楽器は一般的なものとかなり違っているのだけど、3コースのオクターブ違いのチューニングをユニゾンにしてみたらどうなるか?という事である。煌びやかな感じはなくなるかもだが、落ち着いたというかちょっと泥臭い感じになると思ったのだが、残念ながら劇的な変化はなかった。でも弾いている本人からすると、この感じも捨てがたい。曲によっては使い分けしてみようと思う。
タグ:BPM ブズーキ
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

今度はDoors [音源]

doors1.jpg


なんと今頃Doorsのワイト島ライブの完全版がでました。学生の頃に少しの間でしたがカバーを演奏した事があって、最初は「変わったバンドだなあ」と思いながら聴いていました。聴いているうちにじわーっと面白くなりだして(ギタリストのロビー・クリーガーがまた変わったフレーズを弾くんですよね)、後になってリマスター盤が出た時はまとめて買ってしまいました。

さて今回の映像ですが、照明を忘れたとか嫌ったとかでステージが暗い。赤いライトにプラス少しのライトがあるだけ。まあ雰囲気あるといえばあります(笑 音はキーボードがいますが、ベースも鍵盤なので当時のPAではトリオ演奏という事を差し引いてもスカスカなんですが、これが何とも生々しくて良い。考えてみればジャズなんかでは当たり前の編成だったりするわけで、特に即興演奏のパートなどは楽器の音が良く聴こえて聴き入ってしまいます。最近はなんでも大げさに、大掛かりになりすぎてるんではないかと思います。しかしJim Morrisonもこのステージの翌年に27歳で亡くなっていますし、ジミヘンと同じく今生きていたらどんな音楽をやっていたのか考えてしまいます。

で、自分の音源ですが今回は少し作曲の部分を多くしてみようと思い、さっそく断片を録音してそこからアイディアを練る事にしました。いつもの即興と違ってなるべく「メロディ」を感じて演奏すること。リズム系はあってもなくても良しとしました。今回は操作に慣れるために以前ご紹介したモジュラーシンセを使ってキックっぽい音を流してみました。



今回は短いので、こちらにアップします。

タイトルは< Inferior mirage>です。珍しく先に決めてみました。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

WingBass音源、ギターマガジン [音源]

wingb3.jpg


なかなか手強かったWingBassのデモ音源ができました。「4」となっているのは「3」をつくりかけて上手くいかなかったから(笑 どーもシンセ音源のドローンと相性が悪いというか、近い感じの響きになってしまうようです。なので今回はシンセの類は無しで。

https://soundcloud.com/tamagawa-onkyo/eclosion3-wingbass-demo

で、久しぶりにギターマガジンを購入。

gm1.jpg


表紙からわかるようにほぼまるごとジミヘン特集号。新しいアルバムも入手しましたが、やっぱこの方は偉大です。もちろんテクニック的には現代のギタリストでもっと上の人はもっといるのですが、音楽の懐の深さというか、自由度が圧倒的なんですよね。20代の若者とは思えません。

さて僕も自分の音楽に向かいます。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

しばらくヒキコモリの期間と [音楽]

ishimoribook1.jpg


ライブ終了。足を運んでいただいた方、ありがとうざいました。ギ―さんはほんとに演奏し易い。

さて、ここからは本格的に3枚目のアルバム製作にかかりたいと思います。今度は完全ソロ作の予定。合間を見て他のプレイヤーとのデュオのレコーディングをやろうかと。年内にメドをつけたいですね。

画像はずーっと読みたかった石ノ森章太郎(当時は石森章太郎)氏のコミック。昔サウンドレコパルという雑誌があってそれに掲載されたいたものです。そのうち復刻されるかと思っていたのですが、いろいろ問題もあるらしく、復刻の見込みがなさそうなので古本で購入。冒頭マイルスのエピソードから始まるなかなか面白い本でした。

shin1.jpg


そして、レコーディングで活躍してくれる予定のガジェット系シンセセット。中央はこんなに小さくて実はミキサーなのです。右側はこれまた小さいモジュラーシンセ。今のところ「何が出てくるかまったく予測不能」なのですが、これが実に面白い音を出してくれます。インプットはまだ余っているので、一つ二つ追加するかもです。

話まったく変わりますが、今年の花粉症なんかとても酷い。昨年楽だったので油断していたら今日などはくしゃみが止まらない地獄の時間がありました(笑 あんまり頼りたくないのですが、今年はどっぷり薬のお世話になりそうです。皆さんもお気をつけください。
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

ジミヘンの新譜がでるそう [音楽]

jimi1.jpg


ジミヘンこと(笑 Jimi Hendrixの新譜がでるそうです。<Both Sides of the Sky>というタイトルで3/14に発売です。Eddie Kramerが関わるようになってこれまで未発表音源を集めた「新譜」は3枚ほどでてるはずで、さすがにもないだろうなあと思っていたらまだあったようですね。

音源も公式に公開されています。



おお!これはかなりタイトでカッコいいのではないでしょうか。是非入手したいと思います。

Jimi Hendrixは、しばらく前からまた聴きなおしているのですが、今の耳で聴くとまた面白いんですよね。そもそもが最近またエレキギターを弾くようになって、さらにJames Blood Ulmerを聴きなおしているうちに、急に気になりだしたというワケです。

ところで、記事が載っていたので久ぶりにPlayer誌を購入したのですが、随分薄くなってしまってビックリしました。とにかく楽器屋の広告がほとんど無くなりました。これは雑誌作るのも大変だなあと思います。楽器もあまり売れてないようだし。かくいう自分も、新製品情報や掘り出し物の検索はほとんどネットです。
時代の流れで仕方ないといっても少しばかり寂しいですね。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ライブ準備 [楽器・機材]

picup3.jpg


今日はライブに向けてマルチエフェクターのセッティング。前回お話ししたZoomですが、なんせエフェクトの数が多いので(ありがたいのですが)選ぶだけでもなかなか大変です。アコースティックセット用を5種類ほど組むのに半日使ってしまいました。ちなみに新しいピックアップとの相性はとても良いです。

画像は、長い間メインとしていたピックアップ。これはなんと手作りなのです(もちろん製作したのは僕ではない)。今から6年程前だったと思いますが、ネットで知り合った地方の技術者の方でした。この時はとにかくアコースティックな音質にこだわっていて、楽器本体から「あらゆる音を集めて一つにまとめて出力」することを目指して作られたものです。これ自体がマグネットピックアップとマイクを内蔵しており、さらにピエゾピックアップを2つ入力できます。最終的に本体のツマミで出力バランスをとって出力するものです。気に入っていましたが、ちょっと考え方を変えてみようと思ったのでした。

livegee.jpg



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽