So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Miles Okazaki というギタリスト - 2 - [音楽]

a3962703107_16.jpg


週末は作曲に悪戦苦闘(笑 とりあえず4曲分のベースとなるリズムトラックを作ってフレーズを組み合わせてみました。久しぶりに打ち込みリズムトラックと絡んでみましたが、合わせるのもなかなかに楽しい・・・のですが、楽しんでいるだけではダメですな。

さて前回話題にした Miles Okazaki氏なのですがもう一つ面白い音源をご紹介します。これは彼によるThelonious Monk 作品集です。販売はbandcanp のみですが全70曲!すべてギターソロによる演奏です。音源を聴いていただければわかりますが、これまた素晴らしい作品集となっています。録音は(聴いた感じでは)フルアコの音をマイクで集音したようですね。うーんなんともたまらんトーンとリズムです。自分はどう練習してもとてもここまでになれる気がしませんが(笑 プレイにプラスとなるヒントは多いです。

音源はこちらで全部試聴できます。

https://okazakiwork.bandcamp.com/album/work-complete-volumes-1-6

お気に入りのテイクは是非ダウンロード購入を!
全部買っても $28 です。
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Miles Okazaki というギタリスト [音楽]

milesokazaki1.jpg


新曲のレコーディングの開始。とはいってもまずは作曲に着手。今迄ソロ作品ではやらなかった曲の構造を考えています。絶賛試行錯誤中ですが(笑

ところで、最近気になっているミュージシャンです。 Miles Okazak というギタリストなのですが、この人のスタイルが実に面白い。そして素晴らしい。なにはともあれ実際の演奏を。



フレーズ自体の面白さもあるのですが、なによりその歌わせ方というか表情、アクセントのつけ方が新しく、ユニークです。一般受けはし難いかもしれないですが。

実は僕も似た感じのテーマをもった楽曲を試していた事があるのですが、テーマメロの後のアドリブ展開がどうにも上手くいかず投げ出していました。 Miles Okazak 氏の演奏を聴いていてもう一回挑戦してみようかと思いました。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ライブ御礼 - それから - [音楽]

gee.jpg


7日国分寺Gieeさんでの「4つの声」ライブ終了。季節はずれの暑さの中足を運んでいただきありがとうございました。次回「4つの声#2」ができればいいなと思っています。

さてボーカリストを交えての演奏は、面白かったのですが同時に、やはり難しい事も多いと痛感しました。単にコードをきれいに鳴らすだけならそれほど難しいこともないのですが、個人的には「歌のあるパート」と「歌のないパート」がシームレスにつながるような演奏がしたいのです。これが実に難しい。挑戦する価値もあるのですけどね。

さて今年の残りは、遅れているレコ―ディングに復帰します。久しぶりに決められた楽曲を演奏することで少し視点が変わって、おもしろいと思えるアイディアが見えてきました。今回もインプロを中心とした楽曲にはなると思いますが、作曲の割合を増やそうかと思っています。あらかじめ決められた音の面白さを再発見した感じでしょうか。
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

ピックの話 [楽器・機材]

pic1.jpg


時々テーマにしているピックのお話し。これまで水牛の角素材のものをベスト!としてきたワケですが、実は欠点もありました。それは「削れやすい」事。一回ライブをやると結構削れます。元が2mmぐらいあるのでまあ削れたなりに使えるのですが、やっぱり感触が変わるのです。仕方ないかなと思っていたところに、タイミングよく新しいピックが発売になりました。それがDunlop 製の547R300 FLOW Jumbo ULTEX というモデル(画像左)。さっそく試したところ3.0mm 厚のものがとてもGood。印刷が出っ張っているのかザラザラしていて滑り止め効果も抜群です。ただ音色はやっぱり角製の方が若干暖かい音色で好みではあるのですが、あんまり気にするほどの差ではないかもなと。しばらくメインに使ってみようと思います。

さて画像右側は一緒に注文した V-PICKSの V-INSANITY Insanity Premium Series というもの。これは厚さが11.85mmもあります。もうほとんどアクリルの塊(笑 お値段も1枚4000円という驚きの価格。普通なら絶対買うわけないのですが、実はYahooオークションクジで期間限定4000ポイントが当たり、もうすぐ失効する直前だったのでこいつにつぎ込んでみました。使用した感触ですが、案外普通に弾けます。ピッキングフォーム改造後、ピックの先端を使って滑らせる感じで弾いているので、先端が尖っていれば厚みはあんまり関係ないみたい。

ただ無くしそうで、持って歩けないなあ(笑

live1.jpg


ライブも是非足を運んでくださいませ。
nice!(4)  コメント(0) 

LIVEのお知らせ [ライブ]

live1.jpg


来月アタマにライブをやります。

<4つの声>

国分寺 Live Cafe giee

10月7日(日)
オープン:18:30 スタート:19:00
tチャージ:¥2000+ドリンクオーダー

http://giee.jp/

桃子(ボーカル)、 箕輪一広(フレームドラム、レク、ダルブッカ) 、蔡怜雄(トンバク、ダフ、サントゥ―ル)、山田朋秋(ブズーキ)

今回は前回対バンだったお2人と4人編成で演奏します。前も4曲ほど共演したのですが、これがなかなか興味深い感じで、もう少しきっちりと演奏してみようということになった訳です。

是非足を運んでみて下さいませ。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Carol Brass Pocket Trumpet [楽器]

ptc1.jpg


トランペットの話。
随分前からポケットトランペットをメインに使っている。昔から小型のなぜかモノが好きで、もとは通常モデルを使っていたのだが存在を知ってからはメイン楽器にすることにしたのだ。初代はジュピター製、2代目はマルカートという楽器店オリジナルモデル。ただもともとが「お遊び用」な為、あまり使い易くはなかった。吹き込みもスムーズでないし、なによりバルブのレスポンスがあまりよくない。そこで(前回マウスピースの紹介で一緒に写っていた)テイラー製のモノに買い換えた。これはポケットでも「使える」楽器をコンセプトに造られているのでとても良い。テイラーがヘビーウェイトのものが多いでポケットでもかなり重量がある。それが音に大きく影響しているのだろう。

さてなぜ今回新しく入手したかというと、なんとこれは「C管」なのである。通常トランペットは「B♭」で専用の譜面以外は転調する必要がある。C管だとそのまま使える。ただ少し短くなった分ピッチの問題などがあるようなのだが、最近は製造技術の進歩でだいぶ使えるモノになったという話は耳にしたことがあった。そしてなんとC管がポケットトランペットで発売されたのである。オマケにこのチューニング管のシステムは、自分的に昔から欲しかったモデル(首が伸びるヤツね)。メーカーはアジア製だけどクオリティには定評のあるキャロルブラス製。これはもう即断(笑 

さて我が家にやってきたCPT(とは略さない 笑)は素晴らしく使い易い。これでテイラー製の1/3の価格である。スゴイなこの会社。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Graceland 2 [音楽]

gl2.jpg


アルバム<Graceland>にはドキュメンタリーDVDが付いていたのだけど、期待していなかったので観ていなかった(笑 朝時間があったので初めて試聴。ところがこれが面白かった。このアルバムが物議をかもした当時(僕は大学生)当然インターネットもなくTVも持っていなかったので大した情報を持っていなかった。アパルトヘイトが絡んでいるのは知っていたが、その詳細が分かった。内容は書かないけど、Paul Simonのプライドも理解できるが、結果の叩かれっぷりは相当なもの。今だったらどうなっていたのかなあ?

さて話変わって。

ptp1.jpg


今回のレコーディングではトランペットをキチンと使ってみようと思いリハビリを開始(笑 最近マウスピースをリスペクトという名の「カッコから入る」というやつで、Chet Baker の真似でBachの6Bをチョイス(笑 していたのだけど、自分にはちょっとカップが大きい。なので前使っていたJET-TONEに戻した。やっぱり随分楽になった。とはいえ唇がすっかり軟弱になっていてスタミナがまったく無い。これはもう練習しかないのでこれから地道に吹き込みしていく予定である。さてさて。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Graceland [音楽]

gl1.jpg


Paul Simon がこのアルバムを発表したのが1986年。Paul Simonは、ギターをはじめた当初は Simon & Garfunkel を良く聴いたし、フォークギターのテクニックは随分とコピーさせてもらった。特に<Anji>という曲は Bert Jansch、Davy Graham より、先に聴いて彼のバージョンを一生懸命コピーしたものである。ただこのアルバムが出た頃はほとんど聴いていなかった。なので初めてこのアルバムのサウンドを耳にした時は本当に驚いた。アフリカのサウンドといえばパーカッションがメインでそれ以上の知識もなかったので、聴こえてくるリズムとギターサウンドは衝撃的だった。このアルバムの影響もあって民族音楽なども聴くようになった。
このアルバムでグラミー賞もとったけれど、確かアパルトヘイトなどの問題もあってポールも随分と叩かれたような記憶がある(「植民地的」という理由だったかな?)。
80年代は、色んな音楽が混ざり合ったり、新しい機材の発達などが音楽に与える影響が顕著だったように思う。

そんなこんなで<Graceland>も25周年となり、リミックス盤もでた(画像右側)。今のダンスミュージックのクリエイター達にはこんな風に聴こえているのかと思うと実に興味深い。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

LIve御礼とGainsbourg IN DUB [音楽]

sg1.jpg


国分寺Gieeさんでのライブも無事終了。曇り空だったこともあって連日の殺人的猛暑ではなかったものの、暑い中足を運んでいた方々ありがとうございました。今回は久しぶりにボーカルの方のサポート的な演奏もしただが、ほんとに5~6年ぶりにやったのでちょっと緊張(笑 多摩川音響の演奏もマズマズでしたか。暑さのせいか少しおとなしい感じかもでしたが、逆に静かなパートがよかったかも。

さて昔の音楽の話を・・・と思っていたらAmazonから注文していたCDが届いた。Serge Gainsbourgのレゲエアルバムをダブリミックスしたもの。CD3枚組で日本円で2700円ぐらいだから、プラケースに無理矢理詰め込んだモノを想像していたら梱包がデカい。「さては間違ってLPを注文したか?」と思ったら随分気合いの入ったパッケージ。まだ1枚しか聴いていないが、これはかなり良い。いまさらレゲエ?と思ったけど、バック演奏はSly and Robbie をリズムセクションに配したバンドだし、当時「最強」と言われたリズムは経年劣化するどころか、今聴いても新しい感じがする。
ちなみに開くと中はこんな感じ。

sg2.jpg


Gainsbourg は50年代から活動していた訳だが、自分的には80年代あたりから聴くようになった気がする(といっても最初のレゲエアルバムは1979年だけど)。自分の中では当時「洋楽」のくくりだったのだけど、今聴くとずいぶんとんでもないアルバムだなと思う。演奏はガチのレゲエミュージシャンを集めて、歌はフランス語のリーディング風というかほとんどメロなんて歌ってない。それまでは< Je t'aime… moi non plus>しか知らなくてとんでもないエロオヤジ歌手ぐらいのイメージだったのだが(笑 これ以降見方が変わって聴いてみたら、なかなか面白い音楽をやっていて、それから聴くようになったなあ。歌詞なんかはやっぱり相当アレなモノも多いけど、ダブミックスしただけでこんなに面白くなる音楽ってそうはないと思う。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ライブのお知らせ - 8/12 国分寺Giee - [ライブ]

gee.jpg


無茶な暑さですね。皆さん体調の方はいかがですか?
こうも暑いと楽器の練習もなかなか億劫です。3階の音楽部屋は、何もしなければ40度越!は当たり前で、帰宅後部屋に入ると倒れそうに。楽器も暖かくなってしまって大丈夫か?

そんな中ですがライブをやります。桃子さん、箕輪一広さんのデュオと多摩川音響の2組です。

国分寺 Live Cafe giee
8月12日(日)
オープン13:30 スタート14:00
¥2000+ドリンクオーダー

http://giee.jp/

桃子(vo) + 箕輪一広(per) /多摩川音響 <蔡怜雄 企画>


●桃子(vo) + 箕輪一広(per)
 ポルトガルのファド、イスラエル、セファルディ、トルコ等、世界中の伝承曲から日本の民謡まで、古代から受け継がれるリズム、旋律、響きを、歌と太鼓のみのプリミティブなサウンドで奏でるデュオ。


●多摩川音響<山田朋秋(ブズーキ) 蔡怜雄(トンバク・ダフ・レク)>
 撥弦楽器奏者・山田朋秋のソロユニットとして、又フレームドラム/トンバク奏者・蔡怜雄とのデュオをコアユニットとして、異なる音楽、演奏者とのライブやレコーディングを行っている。即興をベースとして民族音楽、ジャズ、現代音楽など多彩な音楽(音楽家)の融合ではなく、それぞれが屹立した自由な音楽を展開している。


企画した時は「日曜なら帰りが遅くならない方が、お客さんもいいのでは?」と思っていたのですが、この暑さとあいなりまして良かったのか悪かったのか・・・ご都合、体調のよろしい方は是非足を運んでください。 gieeさんでのライブは対バンも良いので、いつも良い音楽を演奏できていると思います。

ミニギターと最近面白くなって聴いている80、90年代音楽の話題もあったのですが・・・次回に(笑

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽