So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
楽器・機材 ブログトップ
前の10件 | -

少し気分を変えてみる [楽器・機材]

dtm1.jpg


作曲継続中。今回は今までと少し違った曲をつくろうとしているのですが、今ひとつピンとこない。即興で演奏することが多いので、フレーズは次々湧いてくるのだけど「最終形」が今一つのぼんやりしているというか。「これに決めよう」というところがどーもしっくりこない。今回はブルースとかカントリーとかそういった要素もなんとなく混ぜ込んでみたいのですがねえ。さて。

そんあこんなで少し気分転換に(関係なさそうですが)、目の前のmidiキーボードを以前使っていた37鍵に戻しました。これまでは61鍵を使っていたので机を目いっぱい占領していたのですが、おかげでかなりスッキリしました。

キーボード程度でもだいぶ圧迫感があったのだなと。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Zoom MultiStomp MS-50G [楽器・機材]

zoom2.jpg


最近のライブではエレキ、アコースティックセット共にメイン機材としているのがZoom社の MultiStomp MS-50G というエフェクターです。昔はコンパクトエフェクターケースを2つ抱えてライブへ行っていましたが、最近は細かくエフェクトチェンジをすることもほとんどなくなり、さらに寄る年波(笑 には勝てず重たい機材をもって満員電車に乗るのは止めようと。どうせなら極限まで小さくしたいなあということで、この機材をセレクトした訳です。実は20年以上前のこと一度Zoomのマルチエフェクターを購入したことがあったのですが、便利ではあるものの音が好みではなくすぐに手放した事がありました。なので値段も安いし「大丈夫かなあ」と(zoomさんすいません)多少の不安も抱えつつ試したところ、驚きの進歩をしていて即メイン機材となったのでした。

さてそんなMS-50Gですが、ディレイなど仕様した際にパッチチェンジをすると音がスパッと切れてしまい、いきなりすぎる感じがすることがありました。パッチ内でのオフだとディレイ音が残ってくれるのですが、それがどうしても無理な場合どうしたものか考えていました。ここでもう少し大型のマルチエフェクターにすればいいのですが、そうすると歪み系のコンパクトエフェクターを追加した場合かなり大きくなってしまいます。まあもう1台買うのが一番手っ取りばやいと楽器店に向かったところ、なーんと限定カラーモデルが発売になっていました(笑

中身一緒なんですが、なんかいいですよね。金銀というのがベタで良い(笑 色違いぐらいだから、そこまで売れていないんじゃないかと思ったら、なんと最後の1台。店員さん曰く「結構でてますね」とのことで、まあ安いしシャレでもう1台って方も多いのかなと。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ピックの話 [楽器・機材]

pic1.jpg


時々テーマにしているピックのお話し。これまで水牛の角素材のものをベスト!としてきたワケですが、実は欠点もありました。それは「削れやすい」事。一回ライブをやると結構削れます。元が2mmぐらいあるのでまあ削れたなりに使えるのですが、やっぱり感触が変わるのです。仕方ないかなと思っていたところに、タイミングよく新しいピックが発売になりました。それがDunlop 製の547R300 FLOW Jumbo ULTEX というモデル(画像左)。さっそく試したところ3.0mm 厚のものがとてもGood。印刷が出っ張っているのかザラザラしていて滑り止め効果も抜群です。ただ音色はやっぱり角製の方が若干暖かい音色で好みではあるのですが、あんまり気にするほどの差ではないかもなと。しばらくメインに使ってみようと思います。

さて画像右側は一緒に注文した V-PICKSの V-INSANITY Insanity Premium Series というもの。これは厚さが11.85mmもあります。もうほとんどアクリルの塊(笑 お値段も1枚4000円という驚きの価格。普通なら絶対買うわけないのですが、実はYahooオークションクジで期間限定4000ポイントが当たり、もうすぐ失効する直前だったのでこいつにつぎ込んでみました。使用した感触ですが、案外普通に弾けます。ピッキングフォーム改造後、ピックの先端を使って滑らせる感じで弾いているので、先端が尖っていれば厚みはあんまり関係ないみたい。

ただ無くしそうで、持って歩けないなあ(笑

live1.jpg


ライブも是非足を運んでくださいませ。
nice!(4)  コメント(0) 

地味だが重要なパーツ [楽器・機材]

fuji2.jpg


フルアコのギターというのは「これぞ」の1台を所有したいと思いつつ、何度も買い換えているのだけど、ようやく巡り合ったのがこれ。フジゲン製なのだけどこれがこの価格帯としてはえらくバランスがいい。レスポンスも抜群でサークル・フレッティング・システムとも相まってピッチがとても正確。自分が使っているオープンチューニングのユルユルテンションでも安定している。フジゲンさんはアイバニーズの製作なども行っているので、たとえばパット・メセニーモデルの上位機種などはこの会社(のはず)である。

国産のフルアコは「優等生すぎる」ということで敬遠する方も多いと聞くが、自分の場合やってる音楽、プレイスタイルが優等生とは程遠いので丁度良い(笑

さてそんなフジゲンさんのギターだけど、音とは関係なところがちょっと気になっていた、それがこれ。

fuji1.jpg


何かといえばトラスロットカバーなのだが、どうもこのデザインが気にいらなかった。メーカーとしての自信の表れだろうというのはわかるのだが、ギター全体の印象からするとあまり合っていないと思っていた。

ところがひょんなことで知り合った方が、このパーツを自作されているということでエボニーを使って作ってもらったのがこちら。

fuji3.jpg


「地味」と言われそうだが、自分としてはとてもしっくりきている。日本のメーカーの楽器はとても優秀なのだが時々ロゴマークなど主張しすぎてるように感じる事がある。

そんなことしなくてもプレイヤーはちゃんと理解していると思うのだけどなあ。
nice!(5)  コメント(0) 

ラジカセ [楽器・機材]

sansui1.jpg


ラジカセを買った。テープ作品をリリースしていながら聴ける環境がないというのは無いなあと(笑 実は昨年末の大掃除でカセットデッキとカセットウォークマンを発見していたのだが、カセットデッキは譲ってしまおうと動作チェックをしたら電源は入るものの動かず。慌ててウォークマンををチェックするも同じような状況。やはりモーター系機器というのは動かしてないとダメになるようである。家電量販店に行くのも面倒だし、例よってamazon検索をしたところ少ないながらも生産されていることが判ったので、6000円程度の安価なものを購入してみた。デザインは昔のラジカセっぽくてまずまず。音はさすがにこの値段ではPCのオマケについてくるような外付けスピーカー程度だが、音量はある。

面白いのはUSBフラッシュメモリが挿せて音楽ファイルが再生できたり、Bluetoothスピーカーとしても使えるところ。実際に使かうかどうかは別としてひっそりと進化していた。ちなみにきちんと再生できました。
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

ライブ準備 [楽器・機材]

picup3.jpg


今日はライブに向けてマルチエフェクターのセッティング。前回お話ししたZoomですが、なんせエフェクトの数が多いので(ありがたいのですが)選ぶだけでもなかなか大変です。アコースティックセット用を5種類ほど組むのに半日使ってしまいました。ちなみに新しいピックアップとの相性はとても良いです。

画像は、長い間メインとしていたピックアップ。これはなんと手作りなのです(もちろん製作したのは僕ではない)。今から6年程前だったと思いますが、ネットで知り合った地方の技術者の方でした。この時はとにかくアコースティックな音質にこだわっていて、楽器本体から「あらゆる音を集めて一つにまとめて出力」することを目指して作られたものです。これ自体がマグネットピックアップとマイクを内蔵しており、さらにピエゾピックアップを2つ入力できます。最終的に本体のツマミで出力バランスをとって出力するものです。気に入っていましたが、ちょっと考え方を変えてみようと思ったのでした。

livegee.jpg



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

工作の時間 [楽器・機材]

picup2.jpg


休日は主に工作の時間となりました。すぐできるだろうとタカをくくっていたら、思ったよりも時間がかかってしまいました。

まずはライブ仕様のブズーキのピックアップ。今回amazonで見かけた中国製のチープそうなモノをセレクト。ブズーキのサウンドホールは小さいので、通常のアコギのものは使用できないものがほとんどなのですが、これはかなり小型だったのでイケるのではないかと。思った通り無加工(ギリギリでしたが)で取り付けできました。でも音を出して少し驚いたのですが、これがなかなかの音質。ノイズなどもほぼ皆無でパワーもあるし解像度もかなりなもの。楽器店ではこの音質だとだいたい2倍ぐらいの値段します。ルックスはアレですが、味として(笑 よしとしましょう。中国製のパーツ類もあなどれないものです。ちなみにピックアップの脇のちいさなクリップのようなものはチューナーです。これはダダリオ。余談ですが今回は中国からの発送だったのですが、到着早かったです。

wbass2.jpg


次はWingBassにフィンガーレストをつけること。あまり詳しくないのですが、最近はこういうものは「ランプ」とか言われていて、スラッピング時に指が潜りこむのを予防するものだったりするらしいのですが、確かにスラッピングしやすくなったような気がします。材料は画像だとかまぼこ板っぽいのですが、東急ハンズで買ったハガキ用の板(5mm厚)です。フィンガーボードと同じ、バーズアイメイプル製があったのでそちらをチョイス。サイズに合わせてカットし、角を面どりして両面テープで接着(笑 テストなのでいきなりねじ止めはやめておきました。

stin2.jpg


続いてはSTEINBERGERにピックガードをつけること。本来の目的というより僕の場合、ピッキング時の右手の指置き。単音弾きの時、最近小指をつけていることが多いのですが、STEINBERGERは形状的にどうも落ち着かなかった為です。こちらは塩ビ板(3mm厚)をカットして、ピックガード用フィルムを張りつけて終了。こちも両面テープで固定。

lupex1.jpg


最後はただの弦交換ですが久々にやったらコツを忘れていて少し手間取りました。シンガポール製のLap axeというトラベルギターです。面白そうで購入したのですが、小型すぎてうまく弾けなかったのです。しばらくほってあったのですが、マンドリンとかを演奏する機会が増えて久々に弾いてみたら普通に弾けるようになっていました。これこのサイズですがジャズ用の太い弦をはればレギュラーチューニングで演奏できます。

やはりこういう事は、普段から少しずつやっておくに限りますね。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Zoom MultiStomp - エフェクターボードを組んでみる - [楽器・機材]

zoom1.jpg


ここのところエフェクターはもっぱらZoomのMS-100BTのみで臨むことがほとんどでしたが(エフェクターボードが重いので(笑 )、録音用に買ったエフェクターも増えたきたのと、Zoomだけだと少しばかりパワー不足のエフェクトがあるので、最近のエフェクターボードで小さいものを組んでみることにしたのです。であれこれ調べていたら、なんとMS-100BTは生産終了となっていてその代りにMSシリーズのギター用、ベース用が格段に進歩していました。もともと新しいエフェクターをスマホからダウンロードできるというところが魅力で使い始めたのですが、新しいエフェクターも更新されないので「そろそろ終わりなのか?」と思っていたらやっぱり(笑 そのかわりMS-50G、MS-60BにはUSB端子が搭載され、好きなエフェクターを本体にアップロード(不要なものはデリート)できるようになっていました。その数、容量さえ許せば100種!以上。おまけにお値段は8000円程度。ベースもあるので思わず2種類購入してしまいました。こいつをボードに入れると数がすくなくてすみます。ちなみにアンプシミューレーターは録音に使っていますが、けっこう使えます。

Chandler1.jpg


それからChandler のミニギターにも手を加えました。このギター単なるミニサイズのおもちゃではなく、かなり「楽器」として造ってあります。特にフロントピックアップの音は何とも言えないジャズトーンを出してくれます。ただそのまま使うにはちょっと辛い。なのでペグをゴトーのロック式に変更。全長が70cmを切るサイズなのでレギュラーチューニングは却下。ナットの溝を切り直し1弦から0.12のゲージに変更し、4度上げチューニングにしてみたところバッチリでした。クリーントーンはなかなか美しいですよ。

WingBassのデモも、もう1曲作成中です。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

モニタースピ―カーを新しくした [楽器・機材]

msp1.jpg


宅録で使っているモニタースピーカーを新しくしました。これまで ADAM A3Xという小型スピーカーで、これはこれでなかなか良いスピーカーだったのですが、ミックスの最終段階はヘッドホンに頼ることが多かったのです。ところが最近どーもこのヘッドホンが鬱陶しい(笑  それなりの大きさのモニタースピ―カーで鳴らせばヘッドホンの頻度は減るのでしょうけど、自宅の環境からしてそれほど大きな音量は難しい。必然小型スピーカーになるのですが、どうしても聴こえにくいところがでてきます。今回導入したのは ECLIPSE TD-M1 というものなのですが、これまでは10万オーバーでちょっと手が出なかった。ところがこれの欧州モデルが数量限定で30%以上安くなって販売中。一瞬「評判悪くて投げ売り?」とか思いましたが、ネットの評判はかなり高評価。というワケで思い切って購入するに至りました。

さっそくセッティングしてみたところ、予想よりもかなり小型で机の上にもスペースが確保できました。肝心の音ですが個々の楽器がハッキリわかります。特に中音域の楽器の分離具合が素晴らしいです。逆に小型なので低音は苦手のようですが、前のスピーカーよりは音の有る、無しが確認できます。一番違うのは音の広がり方でしょうか?音の定位がキッチリと確認できる分、広がるような感じはほとんどありません。モニター用として考えた場合はいいのかもしれませんが、リスニング用としては少し素っ気ない感じがあるかもしません。

全体的にはかなり良いので、ヘッドホンの登場を少なくできるかもしれません。これから夏ですしね(笑

ドラムマシンを導入 - DrumBrute - [楽器・機材]

arturia1.jpg


某オークションと委託販売で3台ほどの機材を手放したので、一部を使ってドラムマシンを購入してみました。ガジェット的なものは持っていましたが、最近のドラムマシンというのは随分進歩しているようで気になっていたのです。昔はどちらかといえば、打ち込んでおいて自動演奏させるもの・・・というイメージがあったのですが、昨今ではリアルタイムで積極的に操作して音色変化させるもののようです。でまあとりあえずツマミの大きなものがよかろうということで、Arturia の DrumBrute というブツにしてみました。小型の機材だとボタンやノブが複数の機能を兼ねているものが多く、「Aを押しつつBを」みたいな操作が多くなるのですが、それは面倒なのでとにかく機能がわかり易い機材(だと思う)を選んだワケです。おかげでかなりデカい(笑 必然机が狭くなるので机の上に小型のラックを置いて2階建てとしました。

ちなみにこれは、キッチン用品のラックです。宅録の機材整理は案外とキッチン用品や整理小物が役立つことが多いのです。
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 楽器・機材 ブログトップ