So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

今度はDoors [音源]

doors1.jpg


なんと今頃Doorsのワイト島ライブの完全版がでました。学生の頃に少しの間でしたがカバーを演奏した事があって、最初は「変わったバンドだなあ」と思いながら聴いていました。聴いているうちにじわーっと面白くなりだして(ギタリストのロビー・クリーガーがまた変わったフレーズを弾くんですよね)、後になってリマスター盤が出た時はまとめて買ってしまいました。

さて今回の映像ですが、照明を忘れたとか嫌ったとかでステージが暗い。赤いライトにプラス少しのライトがあるだけ。まあ雰囲気あるといえばあります(笑 音はキーボードがいますが、ベースも鍵盤なので当時のPAではトリオ演奏という事を差し引いてもスカスカなんですが、これが何とも生々しくて良い。考えてみればジャズなんかでは当たり前の編成だったりするわけで、特に即興演奏のパートなどは楽器の音が良く聴こえて聴き入ってしまいます。最近はなんでも大げさに、大掛かりになりすぎてるんではないかと思います。しかしJim Morrisonもこのステージの翌年に27歳で亡くなっていますし、ジミヘンと同じく今生きていたらどんな音楽をやっていたのか考えてしまいます。

で、自分の音源ですが今回は少し作曲の部分を多くしてみようと思い、さっそく断片を録音してそこからアイディアを練る事にしました。いつもの即興と違ってなるべく「メロディ」を感じて演奏すること。リズム系はあってもなくても良しとしました。今回は操作に慣れるために以前ご紹介したモジュラーシンセを使ってキックっぽい音を流してみました。



今回は短いので、こちらにアップします。

タイトルは< Inferior mirage>です。珍しく先に決めてみました。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

WingBass音源、ギターマガジン [音源]

wingb3.jpg


なかなか手強かったWingBassのデモ音源ができました。「4」となっているのは「3」をつくりかけて上手くいかなかったから(笑 どーもシンセ音源のドローンと相性が悪いというか、近い感じの響きになってしまうようです。なので今回はシンセの類は無しで。

https://soundcloud.com/tamagawa-onkyo/eclosion3-wingbass-demo

で、久しぶりにギターマガジンを購入。

gm1.jpg


表紙からわかるようにほぼまるごとジミヘン特集号。新しいアルバムも入手しましたが、やっぱこの方は偉大です。もちろんテクニック的には現代のギタリストでもっと上の人はもっといるのですが、音楽の懐の深さというか、自由度が圧倒的なんですよね。20代の若者とは思えません。

さて僕も自分の音楽に向かいます。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

しばらくヒキコモリの期間と [音楽]

ishimoribook1.jpg


ライブ終了。足を運んでいただいた方、ありがとうざいました。ギ―さんはほんとに演奏し易い。

さて、ここからは本格的に3枚目のアルバム製作にかかりたいと思います。今度は完全ソロ作の予定。合間を見て他のプレイヤーとのデュオのレコーディングをやろうかと。年内にメドをつけたいですね。

画像はずーっと読みたかった石ノ森章太郎(当時は石森章太郎)氏のコミック。昔サウンドレコパルという雑誌があってそれに掲載されたいたものです。そのうち復刻されるかと思っていたのですが、いろいろ問題もあるらしく、復刻の見込みがなさそうなので古本で購入。冒頭マイルスのエピソードから始まるなかなか面白い本でした。

shin1.jpg


そして、レコーディングで活躍してくれる予定のガジェット系シンセセット。中央はこんなに小さくて実はミキサーなのです。右側はこれまた小さいモジュラーシンセ。今のところ「何が出てくるかまったく予測不能」なのですが、これが実に面白い音を出してくれます。インプットはまだ余っているので、一つ二つ追加するかもです。

話まったく変わりますが、今年の花粉症なんかとても酷い。昨年楽だったので油断していたら今日などはくしゃみが止まらない地獄の時間がありました(笑 あんまり頼りたくないのですが、今年はどっぷり薬のお世話になりそうです。皆さんもお気をつけください。
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

ジミヘンの新譜がでるそう [音楽]

jimi1.jpg


ジミヘンこと(笑 Jimi Hendrixの新譜がでるそうです。<Both Sides of the Sky>というタイトルで3/14に発売です。Eddie Kramerが関わるようになってこれまで未発表音源を集めた「新譜」は3枚ほどでてるはずで、さすがにもないだろうなあと思っていたらまだあったようですね。

音源も公式に公開されています。



おお!これはかなりタイトでカッコいいのではないでしょうか。是非入手したいと思います。

Jimi Hendrixは、しばらく前からまた聴きなおしているのですが、今の耳で聴くとまた面白いんですよね。そもそもが最近またエレキギターを弾くようになって、さらにJames Blood Ulmerを聴きなおしているうちに、急に気になりだしたというワケです。

ところで、記事が載っていたので久ぶりにPlayer誌を購入したのですが、随分薄くなってしまってビックリしました。とにかく楽器屋の広告がほとんど無くなりました。これは雑誌作るのも大変だなあと思います。楽器もあまり売れてないようだし。かくいう自分も、新製品情報や掘り出し物の検索はほとんどネットです。
時代の流れで仕方ないといっても少しばかり寂しいですね。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽