So-net無料ブログ作成

125とチューニングと [音楽]

gamen1.jpg


今度の楽曲は、「ソフト音源だけでなくなるべく実際の楽器を演奏してみよう」と思ったので、まずはパーカッションの類を演奏してみることにしてスリットドラムから試してみる。前の音源も打ち込みではなく人力だったので大丈夫だろうと思っていたら、えらく下手くそになっていた(笑 やっぱり使う部位が違うとダメらしい。一旦想定しているBPMに合わせるのを止めて自分の好きなテンポで叩いてみると、どうもBPM125が自分のなかで一番しっくりくるようだ。思ったよりだいぶ早い感じである(ちなみに弦楽器を弾くとだいたいBPM90)。これはかなりガッツリとリハビリしないと駄目である。

buzuki5.jpg


それからブズーキのチューニングで、思いついたことがあったので試してみる。自分の楽器は一般的なものとかなり違っているのだけど、3コースのオクターブ違いのチューニングをユニゾンにしてみたらどうなるか?という事である。煌びやかな感じはなくなるかもだが、落ち着いたというかちょっと泥臭い感じになると思ったのだが、残念ながら劇的な変化はなかった。でも弾いている本人からすると、この感じも捨てがたい。曲によっては使い分けしてみようと思う。
タグ:BPM ブズーキ
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。