So-net無料ブログ作成

ZOOM A3 [楽器・機材]

zoom2.jpg


機材のお話。
最近のアコースティックのライブでは、ほとんどこれを使っています。発売されてからあちこちの雑誌などで紹介されたのでご存知の方も多いかと思います。僕自身がしばらく使った感想もレビューと同じで、この価格帯ではとてもよくできた機材ですね。実はこれの前のモデルA2も持っていたのですが、ノイズが気になったのとエフェクターの完成度がイマイチだったので手放してしまいました(スイマセン)。で、A3なのですがいい意味で「クセが無い」というのか、もともとの楽器の音を素直にアウトプットしつつそれに補正を加えるといったトコでしょうか。逆に言えばギターのピックアップのシステムが良くないと、性能を発揮できないかもしれません。実物をお店で見たときは「思ったよりデカい」と感じたのですが、よく考えてみれば他メーカーの同様な機材はもっと大型のモノがほとんどです。

とまあ、イイコトづくめのようですが個人的には不満な点もあります。まず一番は同時に使用できるエフェクターの数が少ない事。アコースティック楽器の場合、いくつものエフェクターを同時使用することはあまりないとは思います。それでも同時使用が「3種まで」しかも貴重な1枠を強制的にボディタイプのモデリングに割り当てられるのはどうも納得がいきません(笑 A3はエフェクターの前段でボディタイプのセレクターがあります。つまりハード的にモデリングを選択した後、さらに別枠でモデリングを選ぶのです。おそらくはユーザーの使用楽器に合った設定をより詳細に詰めていく為の仕様だとは思いますが、できれば自由に選択できるようにして欲しかったですね。あと前述のコメントと反するようですが・・・サイズです。多彩な入出力を持っているのはいいのですが、そのせいでこのサイズになってしまったように思います。思い切って絞り込めばもう少し小型にできたかもしれません(まあこの辺は好みの問題でしょうけども)。

いろいろ書いてみましたが、全体としてはとてもよくできてますよ。お値段も手頃だし、一度使ってみてください。オススメです。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0