So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

アコースティックパート録音終了 [音源]

logic1.jpg


週末、気温が少しばかり落ち着いたタイミングを狙ってアコースティックパートのレコーディング。おかげでソロ曲4曲分を録り終えました(いやーよかった)。
あとは基本的にはライン録音とプラグインなのでエアコン可動できます(笑

多摩川音響の音源制作で一番やっかいなのが、基本は即興演奏であるということ。
なのでアコースティックパートは最初から最後まで通しての演奏です。そこに打ち込みのトラックをどう絡めていくかが悩ましいところで・・・
今は最初にできるだけ多いのパートを一挙に録音しておいて、あとでアコースティックの即興パートに合わせてエディットしていくという手順をとっています。
もちろんライン音源やプラグイン音源はできるだけ手引きで頭から最後まで演奏しています。

さてレコーディング後半戦です。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

おっと危ない・・・ [その他]

danger.jpg


アコースティックパートを2曲分録音。手癖にならないように・・・と少しひねってみたらなかなかうまくいかなくて四苦八苦(笑 さして難しいフレーズでもないのですが、いかに普段から弾きやすいフレーズばかり弾いているということでしょうか。

そんなこんなでなんとか今日までに2曲終わらせようと、朝からレコーディングしていたら途中でなんだか調子が悪い。なんとなく頭痛が・・・というわけで危うく熱中症になるところだったみたいです。
気が付いたら室温35度でした。まあなんとかやっつけたのですが、ここで死んだらお笑いです。
夢中になってると案外気が付かないものです。

皆様もご注意くださいませ。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

なぜかチェックしていなかった・・・Lionel Loueke [音楽]




暑い・・・(笑 言い訳にしてはいけませんが、レコーディングは2トラックのパーカッションパートを追加したのみ。ブズーキパートを演奏してみたが、もう1つ何か欲しいところだなあと。なんとなく手癖の延長のような感じになってるような・・・
まあそんな日もあるでしょ。次の週末までにフレーズをもう少しいじってみようと。音の組み立てというより弾き方のような気もするなあ。

さて動画はなぜかノーチェックだったギタリスト、Lionel Loueke です。西アフリカ、ベナン共和国出身のギタリスト。最近ちゃんと聴いたらこれが素晴らしかった。なんかギターの弾き方というか音の出方がまったく違う。エレガットも凄いがエレクトリックも凄い。





この感じ、ブズーキにも少し取り入れられないかな?

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

高橋竹山 [音楽]

chokuzan1.jpg


台風一過いきなりの夏日。エアコン無しではレコーディング部屋の温度はすでに35度(笑
ソロ4曲のトラックを見直しして新しく追加、修正をする。本当は今日中にアコースティック楽器の録音までこぎつけたかったのですが、思ったよりも追加トラック数が多くて時間がかかってしまい、残念ながらトラック制作まで。来週はなんとか録音終了させたいと思っています。

さて久しぶりに高橋竹山を購入。竹山さんは自分がソロ演奏をはじめる時だいぶ聞き込んだ。フレーズそのものというより、独奏の際にどうすれば音楽として成立するのか?というところ。聴いてみるとわかりますが弦3本なのに凄い奥行きがあるんですよ。

さてこの手の音源で残念なのは音質が悪いものが多いということ。まああまり売れるものではないから費用もかけられないんだろうけど、ほんと惜しいものが多い。今回はリマスタリングのおかげでかなりいい方。
竹山さんはすでにお亡くなりになっているので無理だけど、今の技術できっちりと録音した音源を残してほしかったですね。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

スパークリング Improvisasion - 07/21/2019 -  [音源]

tansan1.jpg


相変わらずジメジメ天気ですね。雨は降ってなくても湿度がねえ。
楽器の鳴りもいまいちなのですが、今のうちにオーバーダビングを含むアコースティック楽器の録音は済ませて、本格的に暑くなったらミックスに集中したいもの。

そんな合間に即興演奏。



最近は「スパークリングウォーター」という名前で、炭酸水があれこれ売られていて面白い。
僕はそのまま飲むのが好きですね。
炭酸水でも炭酸の量などで味も違うし、コーラなどと違ってベトベトしなくてよい。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

海の日 Improvisasion - 07/15/2019 -  [音源]

sora2.jpg


「海の日」らしいのだけど、はっきりしない天気。雨が降らなかったのでようやく洗濯できた。

3枚目のアルバムの曲をまとめていて大事な事を発見。今回は12小節のデュオ曲にソロ曲を挟む・・・というコンセプト。季節に関連した曲の間を<ルート>という曲でつないでいく予定で、「3曲あればOK」と考えていたのですが、よく考えてみたら四季とは巡るもの・・・1曲足りない!ということで(笑
追加分1曲のリズムトラックを制作。冬から春をつなぐ曲なのだけど、短くて展開の多い曲がいいような気がしたので5拍子で大きな展開がある曲をつくる事にした。

頭を休めた時に即興してみる。



ノイズの問題はイコライザーよりむしろリバーブのかけ方だった事がわかって大幅に改善されました。なるほどね。こちらのほうがかえって聴きやすいかも。


世の中は選挙の真っ最中。今回はおもに都市部を回っているらしくて比較的静か。
自分は政治的な主張もないし、基本的に期待なぞしていない。このブログで政治的な話題を書いてないのもそのせい(笑 しかし、日本の政治って不健康だよねえ。政治って右も左も、保守も革新もバランスよく共存しているのがいいと思うのですが、この国にはまっとうな保守政党がいない。自民党が保守政党とか右傾化云々言われているようだけど、アホとしか思えん。今の政治のドタバタは、左派の内ゲバレベルだと思いますけどね。

そうそう、選挙期間中だから候補者名は出さないけど「立憲民主党」は、運動員にチンピラヤクザを雇っているのかな?人に因縁つけてきたから、怒鳴り倒してやったら捨てゼリフ。
あのね「まっとうな政治」より先に「まっとうな人間」と政治やること考えたらどう?

自民党のヤンキー議員に「恥を知れ」と言わるレベルだから程度の低さは理解しているよ。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Improvisasion - 07/07/2019 -  [音源]

biwa1.jpg


土日も雨、雨。まあ仕方がない。
ただ植物は元気が良い。これはビワの木。これの隣に僕の背丈より高くなった木があります。初代は市販のビワを食べたあとの種を植えたもので、すでに十数年。これはそのビワの木に実ったものを食べた後の種を植えたもの。2代目である。

さて今日のインプロ。



植物の思考ってこんな感じ?(笑

そしてこれ。

kaki1.jpg


これは柿。例によって食べたあとの種を植えたもの。昨年の10月頃植えて、もうダメかなと思っていたら春先に芽をだした。

初代のビワが大きくなりすぎたので、今度はどちらも枝を切るなりして大きさを調整したいなと思っています。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Improvisasion - 06/29/2019 -  [音源]

sora1.jpg


梅雨とはいえ週末から鬱陶しい天気。今日の夕方少しの晴れ間でした。

さて週末のインプロ。



ノイズ対策で少しセッティングを変えてみました。やはり静かな個所ではノイズがのります。どうも本体マイクの指向性が広いので周囲の音もうっすらと拾っているようですね。イコライザーで多少は改善できるような気もするので、もう少し詰めてみようと思います。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Improvisasion - 06/24/2019 - [音源]

sony1.jpg


さて本格的にソロ曲3曲の制作を開始。とりあえず3曲分のリズムトラックを組んでみました。今回の3曲は敢えてテンポを限定(3曲とも同じ)、細かいフレーズを組み合わせながら作っていく予定です。昔アコースティックだけのユニットで演奏していた時、僕のオリジナル曲を聴いたお客さんから「テクノお好きですか?」と声をかけられた事があって、ちょっと意外な気がしたのでなぜかと質問したところ、「フレーズの演奏の仕方がテクノっぽい」とのこと。ふっとその事を思い出した事もヒントになっています。

リズムトラックは、今回少し変わったやり方をとっていて、ベーシックは各パー1小節1ショットだけしか打ち込まず、その音をディレイを使ってパターンを作っていくという方法です。今のところ中々面白い感じになっていますが、他の楽器と絡めた時にどうなるかが楽しみです。

それと別に、即興演奏の再確認を含めて時間を見て即興演奏を記録する事にしました。マイクをセッティングしたりの手間を省くため、SONYの PCM-D10を導入。録音したら備忘録的にここにアップしていきます。編集は最低限のイコライザーとリバーブのみ。
その1曲目がこれ。



録音は24Bit 96Khz です(アップしたのはmp3ですが)。
なかなか良い音なのですが、ヘッドホンで聴くと薄っすらとノイズがのっています。セッティングがかなり複雑なので、この点は再度チェックする必要がありますね。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

昭和特撮文化概論 ヒーローたちの戦いは報われたか - 鈴木美潮 - [書籍]

512mCdMR3VL.jpg


最近読んだ本の話。
あまり大きな声でも言えませんが(笑 音楽の他に特撮系もかなり好きだったりします。最近かなりの作品がDVDやブルーレイ化され嬉しいのですが先立つモノが・・・と。テレビシリーズで長寿番組だと全40話とかでそれなりのボリュームになってしまいます。

今回はそんな特撮モノについて書かれた本です。著者の鈴木美潮さんは僕と同い年なので、いろいろ共感する事も多いです。最近のウルトラモノ、戦隊モノやライダーモノはもう別物で観ることもないのですが、自分が子供のころに観たモノについては少しづつですが購入して観ています。著者も書かれていましたが、リアルタイムでは実家のTVはモノクロでした。なので実際どんな色だったのかは随分後になって観たものが多いですし、大人になって観たのでいろいろ思うところもあった訳です。

本書は著者のヒーロー愛が溢れた熱い内容となっています。興味のある方はぜひご一読を。

いろいろ興味深いエピソードも書かれていますが、一つだけ。「月光仮面」の原作脚本家の川内康範氏の話を。不勉強で知らなかったのですがこの方あの「おふくろさん」の作詞をした方だったのですね。この方がはじめて「正義の味方」という言葉を使われたようなのですが、なぜ「正義の味方」なのかというと「人間は神や仏ではないので正義そのものにはなれない。神や仏を助ける者として「正義」の「味方」なのです」とのこと。深いですよね。

何が「正義」なのかとてもわかりにくくなっている現代、いろいろ考えてしまいました。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | -