So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

Improvisasion - 6/24/2019 - [音源]

sony1.jpg


さて本格的にソロ曲3曲の制作を開始。とりあえず3曲分のリズムトラックを組んでみました。今回の3曲は敢えてテンポを限定(3曲とも同じ)、細かいフレーズを組み合わせながら作っていく予定です。昔アコースティックだけのユニットで演奏していた時、僕のオリジナル曲を聴いたお客さんから「テクノお好きですか?」と声をかけられた事があって、ちょっと意外な気がしたのでなぜかと質問したところ、「フレーズの演奏の仕方がテクノっぽい」とのこと。ふっとその事を思い出した事もヒントになっています。

リズムトラックは、今回少し変わったやり方をとっていて、ベーシックは各パー1小節1ショットだけしか打ち込まず、その音をディレイを使ってパターンを作っていくという方法です。今のところ中々面白い感じになっていますが、他の楽器と絡めた時にどうなるかが楽しみです。

それと別に、即興演奏の再確認を含めて時間を見て即興演奏を記録する事にしました。マイクをセッティングしたりの手間を省くため、SONYの PCM-D10を導入。録音したら備忘録的にここにアップしていきます。編集は最低限のイコライザーとリバーブのみ。
その1曲目がこれ。



録音は24Bit 96Khz です(アップしたのはmp3ですが)。
なかなか良い音なのですが、ヘッドホンで聴くと薄っすらとノイズがのっています。セッティングがかなり複雑なので、この点は再度チェックする必要がありますね。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

昭和特撮文化概論 ヒーローたちの戦いは報われたか - 鈴木美潮 - [書籍]

512mCdMR3VL.jpg


最近読んだ本の話。
あまり大きな声でも言えませんが(笑 音楽の他に特撮系もかなり好きだったりします。最近かなりの作品がDVDやブルーレイ化され嬉しいのですが先立つモノが・・・と。テレビシリーズで長寿番組だと全40話とかでそれなりのボリュームになってしまいます。

今回はそんな特撮モノについて書かれた本です。著者の鈴木美潮さんは僕と同い年なので、いろいろ共感する事も多いです。最近のウルトラモノ、戦隊モノやライダーモノはもう別物で観ることもないのですが、自分が子供のころに観たモノについては少しづつですが購入して観ています。著者も書かれていましたが、リアルタイムでは実家のTVはモノクロでした。なので実際どんな色だったのかは随分後になって観たものが多いですし、大人になって観たのでいろいろ思うところもあった訳です。

本書は著者のヒーロー愛が溢れた熱い内容となっています。興味のある方はぜひご一読を。

いろいろ興味深いエピソードも書かれていますが、一つだけ。「月光仮面」の原作脚本家の川内康範氏の話を。不勉強で知らなかったのですがこの方あの「おふくろさん」の作詞をした方だったのですね。この方がはじめて「正義の味方」という言葉を使われたようなのですが、なぜ「正義の味方」なのかというと「人間は神や仏ではないので正義そのものにはなれない。神や仏を助ける者として「正義」の「味方」なのです」とのこと。深いですよね。

何が「正義」なのかとてもわかりにくくなっている現代、いろいろ考えてしまいました。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

HOCHONO HOUSE - 細野晴臣 - [音楽]

hosono1.jpg


久しぶりに細野さんのアルバムを購入しました。購入のきかけは自身の<HOSONO HOUSE>をセルフカバー、しかもすべての演奏を自身で演奏した「宅録」アルバム・・・と。面白そうですよね。サウンド&レコーディングマガジンにもインタビューが掲載されていてなかなか興味深い内容でした。レコーディングにあたって久々のセルフレコーディングだったため、システム面のセレクトが大変だったというところなんかはやっぱりそういうモノなんだなと妙に納得しました。最近のソフトやハードの進歩はとにかくスピードが速くて、導入しても操作系に慣れるまでが大変。シンセ系なんてプリセットチェックしてるだけで半日かかります(笑 

さて聴いてみた感想は、やはり「流石」の一言。細野さんの音楽ってフレーズがトリッキーだったり、わかりやすくテクニカルだったりとかはないのですが、使用された楽器、音色、フレーズが「適材適所」に配置されていて、無駄がないしバランスがいいのでものすごい安定感があるように思います。楽器の数も多いという訳でもないし、自分も歌モノとインストの違いはありますがとても参考になりますね。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

New Slide bar [楽器・機材]

slide1.jpg


注文していたスライドバーが届きました。某オークションで自作の金属パーツを制作されている方がいて、お願いして作ってもらいました。僕は指が細いので、市販品は大きめのものが多くてぴったりくるものがあまりないのです。短いものは基本指で押弦し、アクセントでスライドの音色を入れるような使い方をします。
ブズーキのような復弦楽器でのスライドは難しいのですが、うまく使えるとより民族楽器っぽい雰囲気がだせますね。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Empress Effects / ZOIA (modular pedal system) [楽器・機材]

zoia1.jpg


2019年の楽器ショーで気になってはいたのですが、お値段がお高いのと機能がわかったようなわからないような感じ(笑 だったので迷っていました。機材を相当数手放したので資金があったのと、発売後しばらくして店舗でチェックしようとしたら在庫がない。もともと入荷数が少ないであろう上に、それなりに売れているらしい・・・次回入荷は随分先になりそうだったのでラスイチを発見したついでに購入(笑 

さて新しいアルバムのソロ曲に使ってやろうとこの土日にいじってみたところ、これがまあかなり凄いし深い。今までにない感じの機材で物凄く大雑把にまとめてしまうとモジュラーシンセにマルチエフェクトが組み合わさった感じ・・・というか。ファームウェアなんかもダウンロードで最新バージョンにできたりと、できることが多すぎて一つ一つ地味につぶしていくしかないようである。これとドローンマシン、リズムマシンの組み合わせは、「古くて新しい」感触の音楽ができそうな気がしている。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Ergo - 月読 - [音源]

ergo2.jpg


さて「思い出酒場」ラストの曲です。



7分近い曲なので、後半をカットしてあります。
前回お話したように、コンデンサーマイクを入手したことでアコースティックギターの音が納得できる(当時はですが)音質で録音できるようになったことで、このアルバムは基本的に「ギターの音だけで曲をつくる」というコンセプトでやりましたね。結局は<Ergo>名義のこのアルバムも陽の目をみることはありませんでした。残念ですがこればっかりは仕方ありません。

昔の曲を聴いてみて、あれこれ稚拙な部分もありましたが面白い部分もありました。案外と基本的なフレーズのクセなどは変わっていないもんです。

古い音源なんて・・・と思っていましたが残しておくもんですね。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Ergo - Blue Blood - [音源]

ergo.jpg


「思い出酒場」シリーズも、今回を合わせて2曲だけにします(笑 
転職活動でどたばたする直前の2002年のものですね。またまた名義を変えて<Ergo>としています。特に意味はなく、なんとなく短いのがいいかな?・・・という程度ですね。この曲はこの時までお世話になっていた、インディーズレーベルのオムニバス最後の参加曲になります。



後半をカットしています。いきなりアコースティックな感じになっているのは、この時初めてコンデンサーマイクとマイクプリを入手したからです。RODE の1万円ぐらいマイクとART V3という安い機材でしたが、アコギの音がパワフルに録れて嬉しかったですね。「もうこれだけでいいんじゃない?」とか思いました。ロングトーンはEBOWですね。

このコンピはレーベルも頑張っていて、ディストリビューターをたてたのでHMVとタワレコのインディーズコーナーでも販売されました。HMVの視聴コーナーで見かけた時は嬉しかったですね。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Paprika - 魔術の時間 -  [音源]

BOXcd.jpg


ゴールデンウィークもあと1日となりました。今回はやっておきたかった事があれこれできて、まずまずの休暇となりました。4月の末にパーカッションの怜雄君とのレコーディングが終わっていたので、オーバーダビングとミックスの作業を開始していたのですが、最近紹介している過去曲を含めてこちらで定期的にアップしていた曲のファイルがそれなりの数になっていて、HDの整理をしていたのですが、せっかくなのでCDにまとめることに。まあ究極の自己満足ではありますが(笑 

かき集めてみると、2000~2002年までの曲と、2014~2018年までファイルが合わせて約200曲。その中でとりあえず途中で投げ出したり、?の曲を除いた118曲をまとめてみました。初期音源は2枚に、後半が10枚組となりました。すべてに簡単なイコライジングとマスタリングをしたのですが、案外と時間がかかりましたね。作業中に気が付いたのですが、昔の曲はMTR制作なのでトラックのイン・アウトの作業はすべてフェーダーの手作業でした。なので少々荒っぽいとこがあったりします。今は全部DAWでオートメーションを入力しますから、便利になったものです。

というわけで、今回のPaprika時代の曲はこちら。



またぞろ長いので、前半をカットしてあります。

Paprika名義のアルバムは、結局オクラ入りでしたが前の1曲とこの曲だけはなんとか世の中に出ることができました。この曲は知人から「ダンスイベントがあるので群舞用の音源が欲しい」と相談されたので提供した曲です。リズムはTalvin Singh のループ集からとQY70の組み合わせですね。ギターのフィードバックのようなロングトーンは、EBowのサウンドです。


音楽と関係ない話ですが、音源をまとめていて思い出した事があります。
製作時期がトンでいるのは、当時勤めていた会社の業績が悪くなり、給料の未払いとかリストラとか・・・まあ「さすがにここはマズい」ということで退職→職探し→今の会社に就職→当時のグレーな環境で体調不良(笑 と、私生活が落ちついていなかったからでした。一回音楽から離れてしまうとなーんかどうでもいいような気になって、時々サポート的に演奏する他は楽器もほとんど触ってなかったですね。随分と時間を無駄にしたもんだと思いましたが・・・まあ仕方ありません。自分の好きな事を続ける為には、「生活」と「健康」が大事だとわかっただけでもいいとします(笑
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Paprika - 角笛の聴こえた日 - [音源]

midorinokioku.jpg


なぜだか、<Developmental Clock>改め<Paprika>とユニット名を変更。確か覚えにくかったのと、長すぎるような気がしたこと、あと「なぜその名前に?」とかの質問に「筒井康隆のファンだから」「中身の無い音楽を創りたいから」というミもフタもないコメントをしたいため(笑 でもこれ半分はかなり本音でして、今もあまり変わっていません。脱線しますけど、僕は音楽は「音」を聴くためのもので曲にメッセージやイデオロギーを絡めるのは良しとしていません。そこがまたアレコレ言われたりするのですが、説明が面倒くさいので「でも外側は分厚くて美味いものを創りたい」とごまかす事にしています。

そんな<Paprika>名義の1曲がこれ。



毎度の事ですが長いので後半はカットしています。タイトル「角笛の聴こえた日」は「曲はハーメルンの笛吹き男をモチーフにしました」というコメントをする為(笑 まあでも笛っぽい音とタブラのループをメインにしたエスニックな感じと、童話の背景にある伝承とか・・・まあそんなよくわからないカオスな感じは、多少はイメージにあったかもしれません。ちなみにタブラのループは初めて買った(使った) Talvin Singh のループ素材集からのものですね。この曲もオムニバス参加用の曲で、画像の<緑の記憶>というアルバムを販売しようとしたのですが、1枚目の<The Cold Wind and The Warm>が笑ってしまうくらい売れなかったので、レーベルにお願いすることもせずそのままおクラ入りとなりました。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Developmental Clock - Foghorn 'Theme from UMA’ - [音源]

uma.jpg


Developmental Clock 時代の楽曲、最後はこれです。



このころ大阪のインディーズレーベルのオムニバスに参加したことがあって(その縁で前回のソロを通販してもらった)、シリーズものだったのですがその2作目に参加した時の曲です。当時から曲にこれといったメッセージだのがなかったので(笑 レーベルから「どんなイメージで創ったか?」というコメントを求められた時のために苦しまぎれにでっち上げた(酷い)タイトルとイメージでした。
たまたまレイ・ブラッドベリが好きで、当時一番印象に残った短編の一つ「霧笛」をタイトルに。そのままだとちょっと演歌っぽいので、作品の中に登場する首長竜にちなんで、「未確認生物のテーマ」とサブタイトルをつけたのでした。一応イントロ部位は「霧笛に応える首長竜」をイメージしてます。ホーンセクションはQY70、トランペットっぽい音、シタールぽい音はGodinエレガットのギターシンセですね。この曲もやっぱりベースレスで、それっぽく聞こえるのはGodinエレガットの音です。

全体的に音が荒い感じがするのは、確か「ローファイ」というのが流行っていて、自分もわけもわからず一回カセットに落としたか、ミックスの時に途中にカセットMTRを挟んでそれ風にしたつもりだった・・・と思います。

実のところは70年代の Miles davis の真似っこがしたかっただけかと(笑


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -