So-net無料ブログ作成
検索選択

BOSS SY-300 - 人柱とかそうではないとか(笑 - [楽器・機材]

sy300.jpg


前にお話ししたBOSS SY-300ですが・・・おやおや・・・なぜだかこんなところに!!!! まあ、買ってしまったワケですが(笑 

ネットをみると初回入荷分は完売のところが多いようです(初回生産台数は少なかったようですね)。一応予約はいれたものの「多分初回は無理だから、実際はしばらく先・・・評判悪そうだったらキャンセルするか」とかセコい事を考えていたところ、発売日に楽器店より「確保できましたあああああああ!」という電話。うーむこうなったら仕方ありません(笑

平日は忙しくて、箱も開けずにいたのですが今日やっと開封し、いじってみることができました。とりあえずプリセットを一通り試してみた程度ですが、かなり面白いブツです。一番心配していたレイテンシーに関しては、まったく問題ありませんでした。音色に関しては、かなりのバリエーションがつくれそうです。特にアルペジエーター、スライサーと内蔵エフェクトの合わせ技で、かなり飛び道具的なところまでもっていけます。コード演奏に関しては、ジャラジャラとしたストロークは苦手のようですね。これはフィンガーピッキングでのコードワークにすれば問題なさそうです。音色づくりについては、階層も判りやすくセッティングしやすいです。演奏については、やはりギターが「減衰音」の楽器ですから、少し慣れが必要だと思います。

弾いていると音色によっては、つい「キーボード」的な感覚になって、音色が途切れてしまい「あれれ・・・」と。とりあえず今日はパッチを一つ組んで終了。サンプルを簡単な曲にして後日アップする予定です。

というワケで性能には満足ですが・・・一言・・・「高い、高いよー!(お値段が)」
nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

BOSS SY-300 Guitar Synthesizer - これは・・・かなり気になる - [楽器・機材]



ライブ演奏でほとんどエフェクターを使わなくなってしまったので、新製品などもあまり興味が無くなっていたのですが・・・実は今かなり気になっている機材があります。ローランド(BOSSより)から今夏発売予定のギターシンセなのですが、これがかなりのポテンシャルを秘めているようなのです。なんといってもこれまで必須であった専用ピックアップが不要で、通常のエフェクターのようにギターからシールド1本で接続して使用できるというものです。上の動画はカッコよくできていますが、性能に関しては少し判りにくいのでこちらの動画を。



どうでしょう?スゴイですよね。特にレイテンシーがほとんど無さそうなところは感動的です。現行のギターシンセと違って、内蔵音源を鳴らすものではなく(なのでピアノの音で演奏したいとかはたぶん無理)、所謂アナログシンセに近い感じではないかと思います。どういう仕組みで音をセンシングしているかは「企業秘密」ということなのですが、これはもうかなり期待してもいい機材ではないでしょうか?

僕は性能を知る前に、このルックスだけで「おお!」と反応してしまったのですが(笑 ある年代の方には懐かしいカラーとフォルムですよね。Pat Metheny の足元にあったGR-300がまさにこの色、形(さすがに同じではないですが)でした。実はGR-300演奏してみた事があります。それはもうえらく大変な代物で、とてもじゃないけど使いこなせるとは思えませんでした。あれから数十年(笑 技術の進歩に感謝(問題はお値段・・・・)。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Standuino 3pi/2 [楽器・機材]

Standuino.jpg


Youtube動画を見つけてからとても興味のあったシンセをひょんな事で入手できました。それほど高いものでもないのですが、なんせ生産台数が少ない(50台!)のでそもそもお目にかかれなかったのです。ヤフオクで1度みかけましたが、販売価格を大幅に上回るところまで値段が跳ね上がってしまい、その時はスルーしてしまったのでした。

さてこちらご存知の方も多いとは思いますが、「???」の方に参考になるような動画は・・・と探しまして、こちらが一番カッコいい使い方ではないかと。



サンプラー、リズムマシンと組み合わせての使用なので、ちょっとわかりにくいかもしれませんが(笑 ちなみに MFB522も僕が使用している機材だったりします。

届いてからずーっと音を出していましたが、だんだんと(電子パーツの塊なのですが)アコースティック楽器のような気がしてきました。僕自身、アコースティックだエレクトリックだといった区分にもともと境界線みたいなものが希薄なのですが、「空気を伝わって鼓膜に届く音ならなんだって同じ」そんな感じです。

次のサンプルレコーディングは、これを使って即興、そしてブズーキの即興をオーバーダビングしてみようと思っています。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

トラックボールとワイヤレスキーボード [楽器・機材]

desktop1.jpg


ミックスダウン真っ最中です。今回OKテイクとして2テイクを選び、パーカッションのダビングをしました。ここまでは前回と同じなのですが、今回はシンセ(電子音といいますかドローンというか)をダビングする予定です。単純に広がりをだすだけであればそれほど難しくないのですが、違うアプローチを考えています。なんというか、ブズーキ、トンバクと同じような位置づけにしたいのですが、音色づくりがなかなか難しい(笑 前にご紹介したirisもiris2にバージョンアップしましたし、もうひと踏ん張りです。

少し小ネタを(笑 これまでエレクトリック楽器をライン録音する場合、プラグインエフェクトを使っていましたが、場合によってはやはり外部エフェクターでかけ録りしたほうが面白い場合があります。その場合エフェクターを机の上に並べるのですが、やはり狭い。そこでマウスをトラックボールに、フルキーボードタブレット用のワイヤレスキーボードに変えてみました。トラックボールはケンジントン、キーボードはユニークのものです。トラックボールは初めてだったので、最初は戸惑いましたが馴れると楽ですね。なんといっても手の動きがほとんどないのがいいです。キーボードも英字配列(というのかな?)だし、小さい分お世辞にも打ちやすい訳ではないです。ただ、録音作業では文字入力はあまりありませんし、ネットなどは別のPCを使うので今のところはいい選択だったと思っています。

DTMで、作業スペースの確保に頭を悩ませている方は検討してみる価値ありだと思います。
nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

シンセサイザーの話 [楽器・機材]

iris1.jpg


先週レコーディングした音源のミックスダウンの作業中です。今回の音源は、ソロ音源に先駆けてダウンロード販売する予定です。前回のレコーディングは、CDにして名刺代わりにする予定でしたので、2人の演奏にパーカッションをほんの少しダビングしただけでしたが、今回はもう少し広範囲の人にも興味を持ってもらった方が良い思ったので、ダビングする楽器を増やす予定です。特にシンセは重要なパートになります。ついでなので、僕が良く使っているシンセをご紹介(参考になるかどうか笑)してみます。

それまでは、シンセというのは「自分以外の誰か」が演奏するものだと(笑 そんなワケでほぼ素人だったのですが、soundcloudに「Pictures」シリーズとしてアップしていた音源から(必要に迫られて)使い始めたのが上の画像にあるiZotopeという会社の 「iris」というプラグインソフトです。これはちょっと変わっていて、ウェブファイルを読み込んで、好きな範囲を選択して鳴らせるのです。さらにレイヤーが4つまで重ねられるので1音だけでかなり存在感のある音になります。

それからこれは以前に紹介しましたが、

jnt1.jpg


jmts1.jpg


のJMT SYNTHさんのアナログシンセです。ハードシンセの音色というのは、なんというか「アコースティック」な感じがするんですよね。もちろんこれで作った音もファイル出力してirisに読み込んで、さらに別音色がつくれます。他にもKORGのサンプラー、ソフトシンセ、iPadアプリがいくつもありますがメインとなるのはこの2つでしょう。
nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

穏やかな休日 - メンテナンス - [楽器・機材]

tamagawa1.jpg


週末は、まずまず穏やかな日。
ぼちぼちライブ、レコーディングが始まるので、メインになりそうな楽器のメンテをすることに。とりえずブズーキ×2、マンドリン、エレキギター×2のフィンガーボードのオレンジオイルでのクリーニングと弦の交換、ナット、ネック、ブリッジの調整・・・と1日かけてゆっくりと作業しました。特に弦の交換が面倒で(笑 僕の場合、チューンングがオリジナルなので、弦のチョイスが面倒な事になっているのです(自業自得)。おかげでようやく準備完了となりました。

気分のいいところで、多摩川にちなんで(無理矢理)ちなんだ動画をば。大好きな Mississippi Fred McDowell です。



うーんカッコいい(笑

それからもっと無理矢理ですが。
いつも拝見させていただいている、ぼんぼち先生のブログで知った「オリジナル印鑑制作マシン」ですが、近所のオリンピックに設置されていました。さっそくつくったのがこれ。

tamagawa2.jpg


画数が多いのでちょっと心配だったのですが、うまく出来ました。待ち時間が恥ずかしいですが、なかなか面白いですよ。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

新年 - 新機材導入 - [楽器・機材]

gantan1.jpg


明けましておめでとうございます。
元旦は雪もちらついたりといまいちな天気でしたが、後は穏やかなお正月でした。

さて年末の大掃除もかねて使用頻度の少ない機材、それからCDをだいぶ処分したのでまずまずの入金がありました。そこで、新しい機材を購入してみました。

gantan2.jpg


まずはMIDIキーボード。これまでは、IK MULTIMEDIA の iRig KEYSを使っていました。37鍵なのでしばらくは大丈夫だったのですが、最近の録音は音源をキーボードにずらっとアサインして手弾きの同時進行で即興的に録音していきます。そうなると微妙に足りなかったりします。そこでKORG のmicroKEYを選択。思い切って61鍵にしました。ミニキーボードですが、横幅はかなりなもの。しかし、この数あれば切り替えの必要もありません。つくりも価格の割にはしっかりしていて、iRig KEYSよりも弾いた感じがかっちりしていますね。

gantan3.jpg


もう一つは、こちらもKORGです。volcaシリーズの最近機種で volca sample。このシリーズは気になっていたのですが、どれを購入しようか迷っていました。ちょうどサンプラーは持っていなかったので、購入することに。サンプルファイルのインポートにiPhoneのアプリを使用するというちょっと変わったシステムですが、操作そのものは簡単です。ただ少々時間がかかる事と、一度に読み込めなかったりと気になるところもありますが、今後のアプリのバージョンアップに期待しましょう(笑 その他は、なかなか楽しいです。特にフィルター系が効果的で、元素材がまったく判らないぐらい加工することができます。こちらはこれからじっくりいじってみるつもりですが、宅録機材として十分戦力になりそうです。


昨年はもっぱらテスト版ばかりでしたが、今年はきちんと作品制作に取り組みたいですね。
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

YAMAHA QY series - 高枝切りバサミはよくできている - [楽器・機材]

qy1.jpg


YAMAHAのシーケンサーQY-100が生産終了になっていました。QYシリーズでは一番新しいモデルのQY-100ですら、2000年発売でモデルチェンジもせずですから、進化著しいデジタル機器としては大健闘でしょうね。

僕はQY-20、QY-70、QY-100とお世話になってきたのですが、特にQY-70は楽曲提供の仕事の依頼があった時、使い倒した記憶があります。「バンド編成を前提にしたデモを」という事で、ギター以外の楽器を全パート作りましたねえ。懐かしいです。ちなみに、録音機材はRoland の VS-840 でした。デジタル録音のできる機器でしたが、メディアZipディスク(知ってますか?笑)、100MBでした。

QYの性能は今となっては寂しいものですが、なんといっても小型で手軽に扱えるのが魅力でした。僕はPCベースで曲をつくるようになっても、QYの最新機種がでないかなあと思っていました。「バックライト搭載、バックアップmicroSDカード、ウェブファイルのインポートができてサンプラーとしても使える」・・・というヴァージョンアップを期待していましたが、そうなると似たような機材は他にあるし、なにより音楽制作のメインはPCであって「なんでも入り」のハードはもはや魅力無なんでしょうね。まあ実際これだけ語った割に僕自身、ほとんど使う事なくなってますしね(笑 ともかくお疲れ様でした。


さて、今日は朝から珍しく肉体労働でした。

wood1.jpg


我が家の自転車置き場の入り口には、こんな木がはえています。数年前に植え替えたものですが、これがまあ成長しまくりで(笑 このあたりは住宅密集地帯なので、枝がお隣さんの軒までのびまくり、ご迷惑をかけてしまうようになっていました。そこで人生初の「高枝切りバサミ:ザ・メイド・イン・ジャパン鋸付」を購入。これが実によくできていまして、細めの枝は鋏で、太い枝は鋸でバサバサ切れます。おかげでスッキリしました。

ただ・・・

wood2.jpg


切った枝の処分が大変そうではあります(笑
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

モニタースピーカー - ADAM - [楽器・機材]

adama3x.jpg


前にヘッドホンの話をしましたが、ホントはモニタースピーカーのほうが重要だと思っています。・・・なのですが、一般家庭では出せる音量なんて限られていますから、小型のモノしか置けません。そんなワケで、我が家のモニターもこじんまりとした<ADAM A3X>というモデルです。選択肢も少なかったので、「フロントに電源スイッチがある」という実用面だけで選んでしまいました(笑 ところが偶然にもミックスでメインに使っている、AKGのヘッドホンとかなり近い質感でした。どちらも、クラブミュージックとか激しいロックなんかにはあまり合わないと思いますが、僕のやっている音楽には相性がいいみたいです。

どうでもいいですが、パソコンが<Apple>でスピーカーが<ADAM>・・・どちらもリンゴのロゴでした(笑 

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

音の出口 - Headphone - [楽器・機材]

hp1.jpg


先週録音したデュオ音源のミックスダウンの真っ最中です。最近は一人で多重録音ばっかりやっていたので、他人の音が同時に存在する音のミックスは意外に難しいものです。レコーディングは、我が家の決して広いといえない「一般家庭のフローリング・・・6畳程度」でやってるわけで、一応個々にマイクはセッティングしますが同時に演奏するので、お互いのマイクに音が被っています。これをダマしダマし、ミックスするのです(笑 近頃のDAWはそれはもう至れりつくせりなのですが、出来る事が多すぎて一度煮詰まるとにっちもさっちもいかないという・・・まあ贅沢な悩みですけどね。

でもって、ヘッドホンのお話を。

宅録をはじめた当初は、お金も無かったので2000円ぐらいのSONY製を使っていました。つまりリスニング用と兼用ですね。その時はまずまずだと思ったのですが、後でいろんな再生環境で聴きくらべてみると、低音が出すぎた変なミックスになっていました。当時の環境では、低音域が聴こえにくくてそんなふうになってしまったらしいのです。「やはり最低限ヘッドホンはなんとかしないと」と最初に購入したのが、ド定番のSONY MDR-CD900ST です。最近は、ヘッドホンの種類も増えてあれこれ言われることもありますが、レコーディングとざっくりとミックスする時は、ずーっとこれを使っています。ただミックスの仕上げ時には、やっぱりスピーカーに近い方がいいように思います。もちろんモニタースピーカーはありますが、住宅地なのであまり音量は上げられません。そこで「オープンタイプなら」と導入したのが、AKG K702 です。そこそこお値段したのですが、最初は「あれれ」という音でした(笑 ところがきちんとヘッドホンアンプで鳴らすようにしてみたところ、えらくいい感じになりました。とにかく一つ一つの音の細かい部分までよくわかります。僕のようにアコースティック楽器の比重が大きい音楽にはぴったりだと思います。

それから最近入手したのがこれ、

hp2.jpg


AUDIO TECHNICA ATH-M50xBL というモデルです。昔オーテクさんは使ったこともあったのですが、なんだか中高域だけ前にでてくる感じがしてあまり良い印象がありませんでした。ネットや雑誌などの評判がよさそうだったので、購入してみましたが今のとこはまずまずといったところです。MDR-CD900ST に比べると、低音が元気いいので最初は戸惑いましたが、逆に考えれば「よく聴こえている」ということですし、耳に痛い音域もないのでしばらく使ってみようかと思っています。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽