So-net無料ブログ作成
検索選択

いつの間にか齢をとっていた(笑 [音楽]



今年初のライブが終わりまして、足を運んでいただいた方、ソロアルバムを購入していただいた方本当にありがとうございました。Gieeさんは初めて演奏する場所でしたが、とてもリラックスして演奏できました。バランスもすごく良い。また演奏してみたいお店でした。

昨年はアルバム制作でほとんど外に出なかったので、今年はもう少し人に向かって演奏しないとなあ・・・となんとなく思いました。

動画は今回のライブの模様です。まずは「花酔」という曲。パーカッションの怜雄君と演奏するようになった初期のころから演奏してますね。

次の曲は「Crimson Tree」。この曲はインプロビゼーションをする為の「枠」の曲なのです。ちょっとわかり難いかもですが(笑



怜雄君に言われて気が付いたのですが、僕らがこういう音楽を演奏するようになって5年が経過しています。昔の動画を見ると同じ曲でも随分変わっています。即興演奏の面白さは再現することではないと思っているので、こうやって記録されたものを見る(聴く)と実に興味深いものがありますねえ。

僕らだけが気が付いていることかもしれませんが(笑
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ライブの話など [音楽]

ap1.jpg


前回お話ししましたライブのお知らせです。

2.18(Sat) Open 19:00 Start 19:30 Charge 2000円

ふた組のグループで即興演奏を中心にお送りします。
多摩川音響はオーネットコールマン、デレクベイリー、ホセインアリザーデらの音楽に影響を受けた即興を中心としたスタイルの演奏をします。

田中 悠宇吾,宮木修平は北インド音楽に基づいた即興演奏をします。


○会場
国分寺Giee
(当日はお食事なし、ドリンクのみとなります)

http://giee.jp/

gee.jpg


○出演
多摩川音響 
山田朋秋 ブズーキ
蔡怜雄 トンバク、ダフ、レク

田中 悠宇吾 シタール
宮木修平 タブラ

お時間のご都合がよろしければ、是非足をはこんでやってください。

それから、以前ご紹介しましたソロアルバム。

tamagawaonkyo1.jpg


ですが、ネットラジオ等でご紹介していただいています。

http://naritaruc.blogspot.jp/2016/11/narita-456.html?m=0

http://www.freeformfreakout.com/fffoxy-podcast-88/

https://dyingforbadmusic.com/blog/post/2016/11/dfbm-92-morning-raga-pt-xiii.html

いろんな方が手に(耳に)していただくと嬉しいですね。


あ、2月だ(驚愕
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

明けましておめでとうございます [音楽]

geisyun.jpg


今年もよろしくお願いします。




nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今年も終わりです [音楽]

omisoka.jpg

今年もあっという間に年末です(笑 やれた事、やり残した事もろもろありますが、音源を制作できた事はテクニックを見直したり、アプローチを客観的に見れた事が一番の収穫でしたね。来年は音源制作ももちろんですが、もう少しアウトドアでの活動(ライブですね)なんかをやってみたいものです。

今日は実に穏やかな年末となりました。
皆さま良いお年をお迎えください。
タグ:大晦日
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

James Blood Ulmer [音楽]

jbu1.jpg

James Hendrixブルーレイを見まくっていたら、ふと思い出して聴きたくなったのがJames Blood Ulmer だった(笑 一時期ハマって聴いていたのですが、ちょっと飽きた感じがあって2枚ほど残して手放してしまっていたのですが、久しぶりに聴いてみたらめちゃくちゃハマったというか腑に落ちたモノがあったのです。とりあえず新品はもはや入手が難しくなっていたので、オークションやらユニオンを探しまして・・・あれこれ買い込んで聴きなおしてみるとえらく面白い。というかなんとなく自分が今取り組んでいる音楽になんとなく近い感じもありました。

確かJames Blood Ulmer がギター雑誌等で話題になっていたのが1985年ごろだったと思います。実はOrnette Coleman の「ハーモロディック理論」なるものを知ったのも、実はウルマ―のギターマガジンかなんかのインタビューだったかと記憶しています。

あれこれ説明するより実際に聴いて(見て)いただいたほうがわかり易いと思います。
まずは初期の頃の演奏から。



これはPhalanx というバンド名義ですね。

ちなみに最近はすっかりブルースマンになってしまってますが(とは言ってもなんか変わってますけど)。



もっとジックリと聴きこんでみようかと思っています。

ウルマ―がらみでもないのですがこういうブラックフリーファンクとでもいうのか、珍しい人を見つけてしまいましたのでついでにご紹介。



70年代のMiles Davis バンドにいたDominique Gaumont です。
これもまたカッコいいですねえ。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

どうも天気が・・・ [音楽]

kamome1.jpg

なんか落ち着きませんねえ、天気。雪が降ったかと思ったら、お天気もよくなって暖か。洗濯したら夕方は雨・・・。どうにもこうにも(笑 多摩川も暖かかったので鴎も活発に飛び回っていました。川にいるのもいいのですが、こういうビルというのかコンクリートの建物と同じカットにおさまるとなんだかSFっぽい感じがするんですよ。好きな小説に「鳥はいまどこを飛ぶか」というのがあって、そのイメージなのです。

さてそろそろ次のアルバムの制作にとりかかろうと思います。前作はあれこれ音を詰め込んで創ってみましたが、今度は1曲に中で使用する楽器をできるだけ減らそうと思っています。2~3つ程度でまとめられたらベストなのですが。
タグ: 多摩川
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Stop Making Sense [音楽]

sms1.jpg

有名なTalking Heads の映像作品。ブルーレイ化と合わせて、価格もリーズナブルになっていたので思わず購入しました。懐かしいですねえ~当時はインターネットの影もないのでYoutubeなどは想像の彼方で(笑 MTVはテレビ放映されていたものの、ライブ映像というのはとっても少なかったのです。

監督はジョナサン・デミ。撮影はジョーダン・クローネンウェスという豪華な布陣。画面、音質も丁寧なマスタリングで美しくなっているのもありますが、今見るとステージの人数の割には出てくる音が実にシンプル。それでいてカラフルで空間を感じる音像は素晴らしいです。シンセなんかも出てきますが、モノフォニックなのか単音のみだし。Talking Headsがどこまで意識していたかはわかりませんが、Ornette Coleman の<Dancing In Your Head>の音ととても近いものを感じます。改めて見ると機材なんかも発見があったりして楽しいですね。David Byrne はアコギをJCにつないでいたのかな・・・とかね。

Weaving the Garden - Hossein Alizadeh - [音楽]

hosein1.jpg

またぞろ台風発生のようです。ここにきて固め打ち(笑

さてHossein Alizadeh のアルバムを入手。ジャケットを初めて見た時「え、もしかしてECM?」と思ってしまいました。実際今回の録音はかなり音も良いです。内容はというと「イラン民族楽器オーケストラ」といった趣。そして曲ごとにボーカリストが変わります。ボーカル寄りのミックスになっているような気がするのが、器楽曲が好きな自分としては少々惜しいところ。この音質でもっと器楽メインで聴いてみたかったですね。


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

夏期休暇中 [音楽]

river1.jpg

夏休み中です。最近は会社自体が休みになるということもなく、各々が勝手に休みを取るというシステムがすっかり定着してしまい「お盆」という感じもあまりしなくなりました。

休み中は練習もかねてソロ演奏での即興をば。

https://soundcloud.com/tamagawa-onkyo/to-play-160820-bouzouki-improvisation

こういうソロ(独奏)のみのアルバムも作ってみようかと思っています。演奏自体は無編集ですが、リバーブを新しいプラグインに。2種類を同時に使ってみましたが・・・バランスが難しいですね。




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Trio - Hamilton de Holanda - [音楽]

hamilton2.jpg

梅雨明けもまだなのに夏本番という感じですね。音楽部屋もエアコン無だと35度越えとなっております(笑)楽器の練習はエアコン使えばいいのですが、録音はマイクを使うので切らねばなりません。夏場はエレクトリック楽器とソフトウェアのスキルアップに主眼をおいて音源制作したほうがいいかも。

以前ご紹介したHamilton de Holandaのトリオ編成での音源、タイトルはそのまのズバリ<Trio>がようやくアマゾンから届きました。レビューではジャズ云々のコメントもありましたが、所謂ジャズっぽいリズムやフレーズといったものはほとんどでてきません。あくまでブラジル音楽をベースにしたインストで即興的なアプローチもある・・・といったところでしょうか。でもこのアルバムがいいんですよ。なんというか自国の音楽文化のなかに器楽曲(インストですね)のポジションが確立している国の音楽は深いものがあります。

ちなみにこんなサウンドです。



いいですねえー

それからこんな動画もありました。



なんと!Marcos Suzanoとのデュオ。マルコスはバンディエロのみ。お客さんの盛り上がりも当然ですね。
ちょいと力技のところもありますが(笑 ともかく凄いの一言。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽