So-net無料ブログ作成
検索選択

最近のFreeJazzz事情 [音楽]

fteejazz1.jpg


ようやく仕事のピークを越えて、ようやく音楽に時間がさけるようになりました。いやー嬉しい。とりあえず週末は5月にレコーディングした音源へのオーバーダビングとミックスダウンに復帰。それと合わせてソロ音源の為の準備をはじめました。ソロ音源は予てから考えていたDAWの移行です。とはいってもLogicのバージョンアップ程度ですが、新しいシステムに移行するというは甚だ面倒くさい(笑 なのですが新しいプラグインも旧システムに対応していなものが増えてきて、いつか新しいものを使わざるをえない時に大騒ぎしなければならないのも・・・ということで兎に角導入してしまおうと。今日の作業はプラグインの対応状況とテンプレート制作でしたが思ったより時間がかかってしまいました。ハッキリいってあんまり楽しい作業では(笑

画像は作業しながら流していた音源。久しぶりに御茶ノ水のユニオンへ行ったのですが、特にこれといった目当てがあった訳ではないので、FreeJazzの新譜のコーナーを見てジャケットが気に入って、ギター入りのものを何枚か購入。特によかったのがこの2枚。左側がHONEST JOHN<International Breakthrough>、右側がJOAO HASSELBERG & PEDRO BRANCO<From Order To Chaos>という音源。ちょっと前のFreeJazzのコーナーだと「ぎょえー」「ぴぎゃー」といった音源が多かったのですが、最近はちょっと変わってきた印象です。良い意味で抑制が効いているというのか、フリーキーな部分もあればとても端正な箇所とが混在していてとてもバランスがいい。エフェクトやエレクトロ二クスの使い方も過剰になることなくハマっています。大人しいといえばそうなのかもしれないのですが、今の自分にはこういう音風景がとても気持ちがいいのです。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ジングルを作ってみる [音楽]

gamen1.jpg


8日のライブに足を運んでいただいた方、ありがとうございました。やっぱりある程度の音量でやるとエレクトリックマンドリンはそうとう厳しい事がわかりました。出音もエレキギターと変わらずで、なんというか、特に演奏のし難さなど克服して演奏してもあまり個性はないかなと。小さい音量だとハッキリわかるんですけどねえ・・・まあ課題です。

久しぶりに仕事を持ち帰ってしまいました。展示会で使う製品紹介の動画の最後に、会社のロゴマークとジングルを追加するというもの。僕はこの手の仕事はできるだけ外注に投げることにしているのですが、今回は時間の都合もあり自分でやることに。よくないんですよねえ・・・こういう仕事って自社内でやってしまうと「タダでできる」(実際はそうではないですよね)となってしまい、制作物に対して対価を支払うという事をやらなくなってしまう恐れが多分にある。今の音楽を取り巻く状況とも似てます。自業自得なんですけども。

初めてこんな短い(約10秒程)音源を作ってみましたが、案外と難しいものですね。シンセ使ってサクッと済ませようと思っていたのですが、短かったり長かったり(笑 
タグ:ジングル
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Yo Miles! [音楽]

yomiles1.jpg


ようやく巡り合いました(笑 存在はかれこれ10年ぐらい前から知ってはいたのですが、探しても見当たらない(まあそれはそうでしょう)。まあもうすっかり忘れていたのですが、マイルス関連の書籍を見ていたら記事になっていまして・・・「ああそういえば」と。さっそくYoutubeを検索したところ、数曲ですが音源がアップされていました。聴いてみたところこれが良い!もしかしてとAmazonで検索したところこれがヒット。流石にディスクは品切れだったのですが、ダウンロードで購入することができました。

肝心の中身ですがこれがもう痛快というか実に楽しい内容。マイルスご本人の演奏が一番ドロドロとカオスだった70年代の演奏を風通しの良い(いい意味で)軽やかな演奏でカバーしたもので、ユーモアさえ感じます(元曲を知ってると特に)。リーダーはHenry Kaiser と Wadada Leo Smith 。Wadada Leo Smith はよく知らなかったのですが、ECMなどでピアノとデュオアルバムなどをリリースしているようですね。そちらではリリカルな演奏がマイルスっぽいといえばそうなのですが、このアルバムでは思いっきりはっちゃけています(笑

これレコーディング楽しかっただろうなあと思います。プレイの後に「ね、こんなでしょ?これカッコいいよね」とか会話が弾んだのではないかと(笑 マイルスへのトリビュート作品として最高の1枚です。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

いつの間にか齢をとっていた(笑 [音楽]



今年初のライブが終わりまして、足を運んでいただいた方、ソロアルバムを購入していただいた方本当にありがとうございました。Gieeさんは初めて演奏する場所でしたが、とてもリラックスして演奏できました。バランスもすごく良い。また演奏してみたいお店でした。

昨年はアルバム制作でほとんど外に出なかったので、今年はもう少し人に向かって演奏しないとなあ・・・となんとなく思いました。

動画は今回のライブの模様です。まずは「花酔」という曲。パーカッションの怜雄君と演奏するようになった初期のころから演奏してますね。

次の曲は「Crimson Tree」。この曲はインプロビゼーションをする為の「枠」の曲なのです。ちょっとわかり難いかもですが(笑



怜雄君に言われて気が付いたのですが、僕らがこういう音楽を演奏するようになって5年が経過しています。昔の動画を見ると同じ曲でも随分変わっています。即興演奏の面白さは再現することではないと思っているので、こうやって記録されたものを見る(聴く)と実に興味深いものがありますねえ。

僕らだけが気が付いていることかもしれませんが(笑
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ライブの話など [音楽]

ap1.jpg


前回お話ししましたライブのお知らせです。

2.18(Sat) Open 19:00 Start 19:30 Charge 2000円

ふた組のグループで即興演奏を中心にお送りします。
多摩川音響はオーネットコールマン、デレクベイリー、ホセインアリザーデらの音楽に影響を受けた即興を中心としたスタイルの演奏をします。

田中 悠宇吾,宮木修平は北インド音楽に基づいた即興演奏をします。


○会場
国分寺Giee
(当日はお食事なし、ドリンクのみとなります)

http://giee.jp/

gee.jpg


○出演
多摩川音響 
山田朋秋 ブズーキ
蔡怜雄 トンバク、ダフ、レク

田中 悠宇吾 シタール
宮木修平 タブラ

お時間のご都合がよろしければ、是非足をはこんでやってください。

それから、以前ご紹介しましたソロアルバム。

tamagawaonkyo1.jpg


ですが、ネットラジオ等でご紹介していただいています。

http://naritaruc.blogspot.jp/2016/11/narita-456.html?m=0

http://www.freeformfreakout.com/fffoxy-podcast-88/

https://dyingforbadmusic.com/blog/post/2016/11/dfbm-92-morning-raga-pt-xiii.html

いろんな方が手に(耳に)していただくと嬉しいですね。


あ、2月だ(驚愕
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

明けましておめでとうございます [音楽]

geisyun.jpg


今年もよろしくお願いします。




nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今年も終わりです [音楽]

omisoka.jpg

今年もあっという間に年末です(笑 やれた事、やり残した事もろもろありますが、音源を制作できた事はテクニックを見直したり、アプローチを客観的に見れた事が一番の収穫でしたね。来年は音源制作ももちろんですが、もう少しアウトドアでの活動(ライブですね)なんかをやってみたいものです。

今日は実に穏やかな年末となりました。
皆さま良いお年をお迎えください。
タグ:大晦日
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

James Blood Ulmer [音楽]

jbu1.jpg

James Hendrixブルーレイを見まくっていたら、ふと思い出して聴きたくなったのがJames Blood Ulmer だった(笑 一時期ハマって聴いていたのですが、ちょっと飽きた感じがあって2枚ほど残して手放してしまっていたのですが、久しぶりに聴いてみたらめちゃくちゃハマったというか腑に落ちたモノがあったのです。とりあえず新品はもはや入手が難しくなっていたので、オークションやらユニオンを探しまして・・・あれこれ買い込んで聴きなおしてみるとえらく面白い。というかなんとなく自分が今取り組んでいる音楽になんとなく近い感じもありました。

確かJames Blood Ulmer がギター雑誌等で話題になっていたのが1985年ごろだったと思います。実はOrnette Coleman の「ハーモロディック理論」なるものを知ったのも、実はウルマ―のギターマガジンかなんかのインタビューだったかと記憶しています。

あれこれ説明するより実際に聴いて(見て)いただいたほうがわかり易いと思います。
まずは初期の頃の演奏から。



これはPhalanx というバンド名義ですね。

ちなみに最近はすっかりブルースマンになってしまってますが(とは言ってもなんか変わってますけど)。



もっとジックリと聴きこんでみようかと思っています。

ウルマ―がらみでもないのですがこういうブラックフリーファンクとでもいうのか、珍しい人を見つけてしまいましたのでついでにご紹介。



70年代のMiles Davis バンドにいたDominique Gaumont です。
これもまたカッコいいですねえ。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

どうも天気が・・・ [音楽]

kamome1.jpg

なんか落ち着きませんねえ、天気。雪が降ったかと思ったら、お天気もよくなって暖か。洗濯したら夕方は雨・・・。どうにもこうにも(笑 多摩川も暖かかったので鴎も活発に飛び回っていました。川にいるのもいいのですが、こういうビルというのかコンクリートの建物と同じカットにおさまるとなんだかSFっぽい感じがするんですよ。好きな小説に「鳥はいまどこを飛ぶか」というのがあって、そのイメージなのです。

さてそろそろ次のアルバムの制作にとりかかろうと思います。前作はあれこれ音を詰め込んで創ってみましたが、今度は1曲に中で使用する楽器をできるだけ減らそうと思っています。2~3つ程度でまとめられたらベストなのですが。
タグ: 多摩川
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Stop Making Sense [音楽]

sms1.jpg

有名なTalking Heads の映像作品。ブルーレイ化と合わせて、価格もリーズナブルになっていたので思わず購入しました。懐かしいですねえ~当時はインターネットの影もないのでYoutubeなどは想像の彼方で(笑 MTVはテレビ放映されていたものの、ライブ映像というのはとっても少なかったのです。

監督はジョナサン・デミ。撮影はジョーダン・クローネンウェスという豪華な布陣。画面、音質も丁寧なマスタリングで美しくなっているのもありますが、今見るとステージの人数の割には出てくる音が実にシンプル。それでいてカラフルで空間を感じる音像は素晴らしいです。シンセなんかも出てきますが、モノフォニックなのか単音のみだし。Talking Headsがどこまで意識していたかはわかりませんが、Ornette Coleman の<Dancing In Your Head>の音ととても近いものを感じます。改めて見ると機材なんかも発見があったりして楽しいですね。David Byrne はアコギをJCにつないでいたのかな・・・とかね。