So-net無料ブログ作成

ドラムマシンを導入 - DrumBrute - [楽器・機材]

arturia1.jpg


某オークションと委託販売で3台ほどの機材を手放したので、一部を使ってドラムマシンを購入してみました。ガジェット的なものは持っていましたが、最近のドラムマシンというのは随分進歩しているようで気になっていたのです。昔はどちらかといえば、打ち込んでおいて自動演奏させるもの・・・というイメージがあったのですが、昨今ではリアルタイムで積極的に操作して音色変化させるもののようです。でまあとりあえずツマミの大きなものがよかろうということで、Arturia の DrumBrute というブツにしてみました。小型の機材だとボタンやノブが複数の機能を兼ねているものが多く、「Aを押しつつBを」みたいな操作が多くなるのですが、それは面倒なのでとにかく機能がわかり易い機材(だと思う)を選んだワケです。おかげでかなりデカい(笑 必然机が狭くなるので机の上に小型のラックを置いて2階建てとしました。

ちなみにこれは、キッチン用品のラックです。宅録の機材整理は案外とキッチン用品や整理小物が役立つことが多いのです。
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

エレクトリックマンドリン - Electric mandolin - 2 [音源]

tamagawa1.jpg


前日の荒れた天候が嘘のように良いお天気でした。例のハマダイコンの花もこのとおり。我が家の駄犬も大喜びで爆走してました(笑

さて前回お話ししたエレクトリックマンドリンですが、録音方法をあれこれ試していました。これまでは外部プリアンプを入れたり、プラグインのアンプシミュレーターを試していたのですが、ソロ演奏だといいのですが他の楽器と混じった時少し埋もれる感じがありました。あれこれ試した結果、クリーンブースターのみでダイレクトにつないだ時が一番クリーンで抜けてくる感じがしました。というワケでとりあえずバックトラックを作って即興で演奏してみました。



エフェクターは以前ご紹介したCatalinbread Adineko ディレイのみ。なかなかいい感じだと思いますが、ピッキングがダイレクトに音に影響するのでピッキングのアラもハッキリと出ます。マンドリンのテンションを上手くコントロールできるように、もう少しピッキングを詰める必要がありそうです。
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

エレクトリックマンドリン - Electric mandolin -

emand1.jpg


最近思うところあって、バンド形式のセッションのメイン楽器をエレクトリックマンドリンにすることにしました。エレクトリックマンドリンは数台所有していますが、音色とルックスに惚れ込んだのがこれ、Rickenbacker のマンドリンです。

emand2.jpg


これなかなか珍しい楽器なのです。カラーも赤いのはまだあるのですが、ナチュラルな奴はほとんど見かけません。たまたま中古で発見して入手したのですが、音も独特なものがあります。このサイズの楽器にありがちな耳障りな高音がないのです。それからネックのフォルムがとても良かった事ですね。まあこれはもう「使うしかない!」となったワケです。しかし、セッションなどで「エレクトリックマンドリンを使う」と言うとほとんどの人がちょっと笑ったような困ったような微妙な表情をされる事が多いです(笑 まあ、なんとなくわかります。なんかイメージが地味というか、哀愁漂うというか(笑 実際はもっと明るくシャープな楽器ですし、特にエレクトリックだとかなりイメージと違った表現ができます。

で、僕自身がもっとも尊敬し、奏法の参考にさせていただいているのがこの方。



ここで時々ご紹介させていただいています、インドのプレイヤーU Srinivas です。残念なことに若くして亡くなってしまったのですが、僕はShakti での来日の際に一度だけその演奏を聴く機会がありました。これはもう「凄い」としか表現しようがなかったですね。あんな小さい楽器のどこにそんな表現力があるのか驚きの連続でした。この動画もShakti も比較的トラッドものをベースにしていると思いますが、ソロでは所謂フュージョンに近い演奏も残しています。



これなかなか面白い音楽になっていて、もっと続けて欲しかったのですが非常に残念です。音源はCDの入手は困難ですが、Amazonのデジタルミュージックでダウンロードで購入できますので、是非聴いてみてください。

ともあれ練習するぞー(笑
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Kindle Fire HD 8 を買ってみた [その他]

fire1.jpg


音楽とは全然違う話題ですが。
最近電子書籍を購入する機会が増えてきまして、これまではiPadをメインにしていたのですが、書籍も増えてくると結構な容量になります。これに加えてAmazonプライムで映画や音楽の視聴でダウンロードしたりするとかなりの容量となります。
iPadは音楽制作用にも使用しているので、他のデータで容量を取られるのは困るのです。新型のiPadを買おうかなと思ったのですが、ちょっとお高い。そんな時に丁度セールが(笑 はじめは迷いましたがなんといっても安い!ポイントもあって16GBが5000円程度で買えてしまいます。で、購入。

届いてみての感想ですが、さすがにiPadと比べるのは可哀そうですが、なかなか使えます。便利なのはSDカードが使えるところ。あと軽いので読書には便利。ネットにつなげてメールも受信できるし、若干動きがスムーズでないようなとこもありますが、今のところ快調。壊れないといいけど(笑

実は、老眼が酷くなってきて、タブレットのほうが読みやすかったりするのです(哀
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Electro-harmonix MEL9 Tape Replay Machine [楽器・機材]

mel9.jpg


一部で絶賛稼働中のエフェクターです(笑
Electro-harmonix の最近の飛び道具の中でも、このキーボードのシミュレーター(なのかな?)のシリーズはとても完成度が高いです。そんな中で一番心をわし掴みにされたのがこれです。なーんとあのメロトロンのシミュレーターなんですよねえ。さすがエレハモ目の付け所が尋常じゃありません。ちょっと高かったので買い控えていましたが、ちょうどセール価格になりポイントあったので購入。

早速試してみましたが、音はいいです。「あの音」がでます。しかーしこれがなかなかなかに曲者で、ピッキングの加減とセッティングがなかなか難しいです。サンプルはこちら。



サンプルはドライ音を完全にオフにしてエフェクト音のみで作ってみましたが、音の立ち上がりがわかりにくいし、ピッキングをきちんと一定にしないと変なピークがつくしで、かなりヨチヨチした演奏になってしまいました。でも出来はともかく音色は「アレ」でしょ?
これは真剣に詰めてみたいエフェクターです。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽