So-net無料ブログ作成

靴を磨く [その他]

kutu1.jpg

9月になって雨ばかりで、さすがに靴が酷い事になっていました。ようやく今日晴れ間が覗いたのでレコーディングは一旦お休みして、急いで洗濯、そのあとまとめて靴磨きをすることに。

僕の履いている靴もいい加減古いものが多いので、靴磨きだけでなく靴底も修理できるとこは自分でちまちま直します。最近はリーズナブルな靴も増えてはいるのですが、最近のロングノーズ(? というのかやたら鼻ヅラの長いデザインがどうにも気にいらないのです。なので履いてる靴は古いタイプのラストをベースにしているものを探して履くので、数も少なければ値段もそれなりの金額になるので、ドンドン履きつぶすというワケにもいかないのです。幸いにというか足幅が狭いので、海外製のデッドストックなどが履けるので少しは助かっているのですが。
タグ: 靴磨き
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アイリッシュブスーキとチューニングの話 [音源]

bouz2.jpg

あまり使ってない楽器を3台ほど手放したところで、見つけてしまいました。アイリッシュブズーキなのですが、これはルーマニア製。しかも安い!僕が所有しているK・ヤイリのなんと四分の一!しかもオール単板。「大丈夫か?」と試したところこれが、かなり良い出来。細かいところがちょっと荒っぽかったり、ハードウェアはギターの使いまわしっぽかったりしますが、それらを差し引いてもなかなかのモノ。恐るべしルーマニア。ここでも何度も紹介していますが、僕のブズーキは見てくれはブズーキですが、カスタムしたので弦の数は違いますし、チューニングもオリジナル。スケールも少し短めとあってコアなアイリッシュミュージックファンの方からは、怒られたり呆れられたリもします(笑

そんなワケで「まあ1台ぐらいはまっとうなモノがあっても」と購入に踏み切った次第。ヤイリと比べるとスケールも長くテンションもあるので音は大きく、派手。ヤイリの「ちょっと枯れた」感じはないのですがこれはこれでいい感じ・・・という事で即興でササッと録音。

https://soundcloud.com/tamagawa-onkyo/to-play-160918-irish-bouzouki-demo

弾いた感じ音に重さがあるので、マイナーエスニック風なものが合うかな?という感じで演奏したものです。

ここで、まったく話が変わるのですが(笑 最近小型のエレクトリック楽器のチューニングを少し変えてみました。これまでは高さこそ違え基本的にはDGDGC、CGDGCの2種類をメインにしてきましたが、これに加えてCGCEAを試しています。ご存知も多いと思いますが、要はウクレレのチューニングに低いC音を加えたものです。オリジナルチューニングは、モード的なプレイではいいのですがコードを演奏する際いろいろ面倒な部分もあるのです。そういえばナイロン弦のエレクトリックウクレレもだいぶ機種が増え、お値段も手ごろになってきていいるので、使い方によっては面白い音になるかもです。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

Weaving the Garden - Hossein Alizadeh - [音楽]

hosein1.jpg

またぞろ台風発生のようです。ここにきて固め打ち(笑

さてHossein Alizadeh のアルバムを入手。ジャケットを初めて見た時「え、もしかしてECM?」と思ってしまいました。実際今回の録音はかなり音も良いです。内容はというと「イラン民族楽器オーケストラ」といった趣。そして曲ごとにボーカリストが変わります。ボーカル寄りのミックスになっているような気がするのが、器楽曲が好きな自分としては少々惜しいところ。この音質でもっと器楽メインで聴いてみたかったですね。


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Reverberation [音源]

rmand2.jpg

ここにきて台風の発生が続いてますね。僕は地元が九州なのですが、小学生の頃大きな台風が直撃し夜中に停電、蝋燭の明りの中、家は大揺れでとても怖かった記憶があります。翌日は道路がひざ下ぐらいまで浸水したところがあって、ジャブジャブやりながら通学した記憶があります。

今回の音源はNational のResonator Mandolin のサンプル音源です。これはとにかく音がデカいのでピックでの演奏はかなり気を使わないと録音が難しいのですが、試しにフィンガーピッキングスタイルで録音してみました。

https://soundcloud.com/tamagawa-onkyo/to-play-160828-resophonic-mandolin-demo

マンドリンぽくないというか、違う楽器みたいです。でもこれはアリかもしれないので、フィンガーピッキングも練習しておいたほうがよいかもです。

最近アップした音源は自分の資料用なのでそっけない音ばかりなのですが(笑 、次のアルバム制作にあたり少し迷っているのがリバーブの処理です。DAWはLogicを使っているので、はじめて付属のリバーブを使用した時安物のリバーブでは出ない音に随分と感激したものですが、いろんな人のミックスを聴いていると自分の使い方を再度見直した方がいいと感じました。できるなら大好きなECMのようなリバーブ処理ができればいいのですが、機材も違うしエンジニアとしてのスキルが違いすぎてそう簡単にはいきません。誰かのインタビューによればリバーブだけはManfred Eicher が操作しているようで、曲に合わせてリアルタイムで調整しているとかいないとか・・・


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽