So-net無料ブログ作成
検索選択

機材再考 [楽器]

tcset1.jpg


涼しくなってきたのはいいのですが、週末は生憎の天気。おかげで本格的なレコーディング作業にとりかかれます。例によって使用する楽器ピックアップして、弦交換、ネック、電気系統のチェック等を完了。今回はレコーディングではあまり使わなかった機材も使ってみようと思っています。画像はレコーディング前に練習用セットとして組んだままにしてあるエフェクターです。

Zoomはこれまでライブ用として使っていましたが、面白いプログラムが増えたのでレコーディングにも使ってみることにしました。もう一つはtc electronicのルーパー。これ実はライブでも使ったことがないのです(笑 ライブなどで使っている人は見かけますが、「バッキングをループさせてソロ」みたいな使い方が多く(まあそれが正統的な使い方ですが)、レコーディングに導入するならDAWでのエディットで・・・と思っていました。ところが最近Zoomを使うようになってから、ドローンっぽいサウンドをつくる際、より即興的な要素を含んだサウンドが出せそうな気がしたのです。おまけにこのルーパーは、リバースモードがついているのでさらに面白い音になりそうな気が。

まずは思ったようなサウンドを出せるようにこのセットで「練習」ですね(笑
nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

小型撥弦楽器の話4 [楽器]

mp.jpg


さて何故にこの使い易いとはいえない楽器を使うのかということです。ちょっと偉そうに聞こえるかもしれませんが要は「制限をつける」ということでしょうか?

前回触れましたが、楽器に合わせたチューニングを決めるとどうしてもスケールの関係で普通のギターに比べてテンションが強くなり、さらにフラットワウンドを張っているのでサスティンも短くなます。弦の特性でディストーション系の音色も滑らかに伸びません。チョーキングで表情を付ける事も難しくなります。そうなると当然演奏方法も限られてきますので、その中でどう演奏するのか探っていく事で逆に表現が深まるように感じています。

画像はMp ukuleleという個人工房(だと思います)制作のエレクトリック・スチール・テナーウクレレです。実はこの週末に弦のゲージを見直してチューニングを変えました。これまではテナーサイズのスケールですと低い方からG、D、G、Cのチューニングにしていましたが、太い弦に変えることでC、G、C、Fにしました。さらに・・・

buku1.jpg


以前はこちらがCからのチューニングでしたが、こちらも太い弦に変更して今迄のテナーの1オクターブ下のG、D、G、Cにしました。おかげでさらに落ち着いたトーンに。

思いつくまま書いてきましたが、あまり誰もやってない分(当然・・・笑)面白い表現が隠れている気がしています。
nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

渋谷 Last Waltzライブ - 即興演奏+即興ダンス -  [音楽・動画]



先日参加した渋谷 Last Waltz でのライブ動画です。バリトンウクレレを初めてライブで使ってみました。エフェクターはZoomのMS-100BTです。ダウンロードでエフェクターを増やせるのですが、追加されたプログラムがなかなか面白いしレベルが高いので、最近のライブではこれ1台しか持って行かない事が多くなりました。

動画は、とりあえず自分が参加したセッションを。
後半はそれはもう・・・カオスでした(笑
nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

小型撥弦楽器の話3 [楽器]

gt1.jpg


さて楽器を入手したら必ずやっておかなければならないのは・・・「チューニングを決める」事です。要はその楽器のスケールに合わせて、一番最適だと思われる音程と弦のセレクトをするワケです。写真の楽器はGoldtoneの「ギターマンドリン」なのですが、スケールはマンドリンと同じ。当然の事ながらギターと同じというワケにはいきません。この場合の対応として「チューニングを高くする」もしくは「弦を太くする」ということで弦のテンションを稼ぐのです。このあたりは結局「カン」に頼る部分も多いのですが(笑 やってる内になんとなく判るようになってきます。

gt2.jpg


この楽器の場合、ピックアップの音色が丸みのあるトーンだった為、チューニングを高くして対応することにしました。弦のゲージとチューニングが決まったらオクターブチューニングを合わせます、場合によってはブリッジの高さとナットの切込みの調整もする必要があります。このクラスの楽器は、どうも出荷の時のチェックが甘いようで、チューニングをしても押弦すると音がシャープしたり、コードが不安定だったりというのは「当たり前」と思っておいたほうがいいです。

もう1本のGoldtoneは5弦。

gt3.jpg


こちらは「マンドリン」という事らしいのですが・・・サイズも変わらずで、弦の本数が違うだけです。こうなるともう「ギターとマンドリンの区別は何?」と質問したくなりますねえ(笑

gt4.jpg


これはナットの加工が適当で、ちょっと手こずりました。

さてこの楽器達は、この中途半端で得体の知れないところが魅力だったりしますが次回はその辺を。


それから明日はライブです。

◆2015年8月8日(土)◆

「菖蒲谷徹&ムダイ企画 ダンサーVS ミュージシャン」

お客様が本番直前にくじ引きで決めたジャンルも様々なダンサー×ミュージシャンでの何が起こるかわからなすぎる☆ガチンコ即興バトル!!!

開場 18:30 開演 19:00
全席自由 

渋谷ラストワルツにて
http://lastwaltz.info/

ご予約&当日共 ¥2,000+ドリンク

ご予約は直接出演者さんに言っていただくか、メールでの予約はお名前、人数、お知り合いの出演者さんのお名前をお書きになってこちらmudai@emobile.ne.jpまで☆
是非遊びにいらしてくださいませ♪


前回も好評だったこの企画。今回は参加メンバーも増え、さらに盛り上がると思います。
ぜひぜひ足をお運びくださいませ。
nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽