So-net無料ブログ作成
検索選択

Red Panda [楽器・機材]

redp.jpg


今回のアルバムでは、自分が聴こえている音(つまり必要な音)はできる限り詰め込んでしまいました(笑 結果、カラフルになり空間の広がりも出たとは思うのですが、2枚目の音は少し変えてみようと思っています。具体的には1曲の中で使用する楽器をできるだけ減らす事。理想としては基本2種類、多くても3種類までに抑えるつもり。

といういわけで、最近はギターの録音も所謂「かけ録り」することに興味があります。初めはBOSSのTE-2 Tera Echoを試した時になんとなく感じてはいたのですが、改めて探してみるとあるわあるわ(笑 特に海外の小さなメーカー(ほとんど個人制作のようなものも)からは、外観をみただけでゾクゾクするものがあります。難点は簡単に入手し難い事とお値段が高い事。お値段はまあもう納得するしかないのですが、音色についてはここでもYoutube動画に相当数のデモ演奏がアップロードされていますし、入手方法については楽器屋のネット販売の他、実はかのAmazonさんが意外な在庫を持っていたりします。そうやってコツコツ入手し中で一番可能性を感じている1台がこちらRed PandaというメーカーのParticle というブツ。簡単に説明するとディレイとピッチシフターが合体したものなのですがその効果たるや!!!!!です。

このエフェクターだけで1曲サンプルを録音してみました。

https://soundcloud.com/tamagawa-onkyo/waterfoul

複雑に絡みまくる音像はズーっと触っていたくなる中毒性があります。
やっぱりハードウェアにはなんともいえない魅力がありますね。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: