So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

Dancing In The Wind - 動画配信 - [音楽・動画]



多摩川音響では初のPV(のようなモノ)を作ってみました。これまでもライブ動画は配信していましたが、こういうものは初めてですね。以前よりはフリー動画も増えていてそれらしい短めの動画をつないで、エフェクトとトリミングでなんとか6分越までもっていきました。ホントはもう少しいろいろやりたかったのですが、パソコンの能力オーバーとなってしまい断念しました。こちらに貼っておきましたので、お楽しみいただければと思います。

今回はレオ君からの意見でYoutubeを使ってみましたが、確かに今は動画配信の方が一般的かもですね。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Down By The Riverside - 配信開始 - [音源]

downbytheriversidesm.jpg


アルバムの配信準備が完了しました。基本はiTunesとamazonからになります。他にもいろいろあるのですが、僕自身があんまり馴染みがないもので(笑 いずれも「多摩川音響」で検索していただくとヒットします。このブログからのリンクはページ左側の「ダウンロード配信はこちら」に設定しておきました。アルバムとうたっていますが、バラで購入いただけますので、気になる曲がありましたらよろしくお願いします。メンバーとして参加してくれたパーカッションの怜雄君から「youtubeで聴けるようにしては?」という提案があったので今検討中です。

季節外れの台風が近づいています。皆さんもお気を付けください。
明日朝は電車厳しいだろうなあ。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Down By The Riverside [音楽]

downbytheriversidesm.jpg


アルバムのジャケットを作って配信の手続きを完了。個人でやる音楽制作は、プロデューサーとディレクターとエンジニアと作曲と演奏とデザイナーをやる事になるので、青息吐息になります。まあ自由といえば自由だし、誰に命令されているワケでもないのですが(笑

そして来週は選挙投票日。毎度投票にはでかけますが、正直げっそり。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Down By The Riverside - ミックスダウン完了 - [音楽]

river.jpg


ようやく音源が完成しました。いやー思ったより手こずってしまいましたが、これでデュオ音源としてはトータルで9曲となったので、アルバムとすることにしました。デュオ音源はソロよりもエスニックな感じが強いので千里レコードさんからではなく、配信によるダウンロード販売とする予定です。タイトルはは<Down By The Riverside>とします(たしかゴスペルかなにかで同名の曲があったかな?)。

調べたらこんな曲。



いい曲。

詳細決定しましたらまたお知らせ致します。

さて話題変わって、またぞろあれこれと「モノ」を整理しています。楽器はアコギを2本。それから服です(笑 レザー系のコートだのそこそこあったのですが、最近アウトドア系の服に切り替えたらもう革なんて重くて着てられない。まあ、おっさんになって体力落ちたとも(笑 まとめて売ったらそこそこの金額で買い取ってもらったのですが、そこの店長さんが「これいいです!」と喜んでいらっしゃったので、こっちもちょっと嬉しかったですねえ。

さて配信の準備終わったら、次はソロ音源の制作。あとのびのびになっているセッションと、ライブもやれればいいなと。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

SONNY ROLLINS IN JAPAN [音楽]

liveinjapan1.jpg


月が変わってしまいました。しばらくご無沙汰でした。多少は秋めいてきまして、だいぶレコーディングもやり易くなってきました。現在デュオ音源3テイクのオーバーダビングとミキシング作業を続けてます。なんだか今年は急に短納期の仕事がまとめてきたり、家族が入院したりで予想外に作業が分断されてしまって焦り気味です。まあこういう時に一人で熱くなってもろくなことないので、多少の居直りと気持ちの切り替えで「ホイッ!」と乗り切っていきますです。

さて、こんなCDが発売になっていることを知りませんでした。SONNY ROLLINS のライブ盤なんですがこのアルバムにはギタリスト増尾好秋がメンバーとして参加。ピアノレスということもあり彼の若き日の演奏もたっぷり聴けるライブ盤だったのですが、どーも2015年あたりに「完全盤」としてカットされた音源(CD1枚分!)を加えて2枚組リマスター盤として再発されていた模様。すでに新品では入手できず困った時のディスクユニオンさんで中古盤を発見、無事に入手できました。ちょっと引っ込み気味だった音質も改善され、カットされた演奏も良い演奏で久々に大盛り上がりで聴いていました(笑 

ロリンズは1回だけライブを体験したことがあって、確か高校生の頃「ライブ・アンダーザスカイ」という野外ジャズイベントでした。ほんとはスタンリー・クラ― クとジョージ・デュークの<The Clarke/Duke Project>が目当てだったのですが、生で聴いたロリンズの凄い事。とにかく吹きまくりでフレーズが溢れて止まらんといった感じでした。そーいえばこのライブでパコデルシアも初体験したんだった。アコースティックだったけどこれも凄くて、「うわーギターってあんなに上手くないといかんのか・・・」とか(笑

今はこういうタイプの演奏はあんまり好まれなくなったような気がする(といういうよりジャズなんて聴く人が減ってるんだろうな)のですが、久しぶりにこの時代の他のミュージシャンのアルバムも聴き返しております。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

落雷 [音源]

rday.jpg


最近は天候の急変が多いですね。ミックスダウンをしていたら、突然の雨、雷でヘッドホンをしていてもわかるぐらい。多摩川河川敷では落雷があったようで、怪我をされた方もいたようで怖いですね。

さて急に仕事が入って合間を縫ってサズの録音をしていましたが、作業を細切れにしていたせいでなんとなく目先が変わってしまい(笑 録音したサズのフレーズをモチーフに、同じフレーズをリピートさせて何ができるか試してみました。丁度季節も季節なので<Dancing with Ghosts>としゃれてみました。



こちらはショートバージョン。フルバージョンはサウンドクラウドへ。

https://soundcloud.com/tamagawa-onkyo/dancing-with-ghosts

ところで、今回は24bit、96kHzを試してみましたが、いかんせん動作が重くなったりであまり快適ではありません。直接の原因かどうかわかりませんが、シャットダウンしたりもしたので本チャンのレコーディングは24bit、48kHzで作業することにしました。

今更言ってもしょうがないのですが、せめてメモリはマックスまで実装しておくべきだったなあ。



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

哀愁



今日は、デュオ音源へのオーバーダビングとミキシング。演奏のクオリティは上がっていていいのですが、その分ダビングする楽器の音をシビアにしないとどーもかみ合わないのです。とはいえここを越えないとリリースできないワケなので、とにかく詰めていきます。

最近音楽関係者の訃報が多いですね。今日は平尾昌晃氏。音楽的な影響は無いのですが、恥ずかしながら「必殺シリーズ」が好きで特に大好きな「必殺仕置屋稼業」DVDまで揃えてしまった(笑)テーマ曲だった「哀愁」という曲はとても印象深く残っています。なんというかフツーにムード歌謡(というのか)っぽい出だしなのですが、サビの展開がちょっと一ひねりなんですよね。当時中学生だった僕は(丁度ギターを弾きはじめた頃だったかと)、「これはスゴイものを発見した」と一人ほくそ笑んでいたのでした。
ヴォーカルバージョンもあるのですが、今回は敢えてインストを。

ご冥福をお祈りします。

・・・さて自分はあと何曲音源を残すことができるか。
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Greek Bouzuki <ギリシャ・ブズーキ> [楽器]

gbouzuki.jpg


サズの録音をしようとしていたら、ギリシャ・ブズーキが到着。先にこちらを録音することに。今回はLogicXを使用して24bit、96kHzを試してみる事も目的の一つ。マイク入力のセッティングからしてなんとなく勝手が違います(笑 サクサクいかないのは、どうにも調子がね。
とりあえず最低限のトラックをミックスしてなんとかまとめてみました。演奏はいつもの即興。なんかセッティングに集中力を削られ手癖っぽいかな?ここにはショートバージョンを。



フルバージョンは、サウンドクラウドにアップしました。

https://soundcloud.com/tamagawa-onkyo/greek-bouzuki-demo

あ、なんか久さしぶりの更新(笑

ところで24bit、96kHzで録音したところ、マスターの音源は確かに良くなったような気がするのですが、結局wavファイルにしたりmp3にしたりと圧縮されると、ほとんど違いがわかりませんねえ。まあもう少しこのフォーマットでやってみましょう。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Cumbus saz <ジュンブシュ・サズ >到着 [楽器]

suz1.jpg


注文していたCumbus saz <ジュンブシュ・サズ >が到着しました。トルコから日本のバイヤーさんを通しての購入でしたが、発送手違い等あって随分かかってしまいました。でもしばらく弾いてみてこれは「アタリ」だと直感。待った甲斐がありました。ジュンブシュという楽器はボディが金属で表は革張り(というか樹脂製ですけど)の楽器です。近い楽器としてはバンジョーを想像してもらうと近いです。ジュンブシュは12弦ギターのような弦レイアウトなのですが、それにサズのネックを組み合わせたのがジュンブシュ・サズ という訳です。

suz2.jpg


なので3コース6弦となっています。生まれて初めて演奏した楽器ですが、ボディに重量があるせいで安定していてとても弾きやすいです。音色も実に味わい深い音で、テンションが低いのですがサスティンはそこそこあってかき鳴らす感じよりも音数少な目で演奏したくなる感じです。しかもこれなかなかにリーズナブルなんですよ(笑

logic1.jpg


そして実際録音もかねてLogic Xでレコーディング。音質も24bit、96kHzを試してみたのですが実際に録音してみるとなかなかに重い(笑 処理の一つ一つがワンテンポ、ツーテンポほど遅い。音質はクリアになって音が前に出る感じはありますが、そういったワケで今日はバックトラック制作まで。アコースティック楽器の録音は次回としました。これで一通りやってみてやはり重いようであれば、元の24bit、48kHzに戻すかもしれません。
やはり購入時にメモリを目いっぱい載せておくべきでした。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

最近のFreeJazzz事情 [音楽]

fteejazz1.jpg


ようやく仕事のピークを越えて、ようやく音楽に時間がさけるようになりました。いやー嬉しい。とりあえず週末は5月にレコーディングした音源へのオーバーダビングとミックスダウンに復帰。それと合わせてソロ音源の為の準備をはじめました。ソロ音源は予てから考えていたDAWの移行です。とはいってもLogicのバージョンアップ程度ですが、新しいシステムに移行するというは甚だ面倒くさい(笑 なのですが新しいプラグインも旧システムに対応していなものが増えてきて、いつか新しいものを使わざるをえない時に大騒ぎしなければならないのも・・・ということで兎に角導入してしまおうと。今日の作業はプラグインの対応状況とテンプレート制作でしたが思ったより時間がかかってしまいました。ハッキリいってあんまり楽しい作業では(笑

画像は作業しながら流していた音源。久しぶりに御茶ノ水のユニオンへ行ったのですが、特にこれといった目当てがあった訳ではないので、FreeJazzの新譜のコーナーを見てジャケットが気に入って、ギター入りのものを何枚か購入。特によかったのがこの2枚。左側がHONEST JOHN<International Breakthrough>、右側がJOAO HASSELBERG & PEDRO BRANCO<From Order To Chaos>という音源。ちょっと前のFreeJazzのコーナーだと「ぎょえー」「ぴぎゃー」といった音源が多かったのですが、最近はちょっと変わってきた印象です。良い意味で抑制が効いているというのか、フリーキーな部分もあればとても端正な箇所とが混在していてとてもバランスがいい。エフェクトやエレクトロ二クスの使い方も過剰になることなくハマっています。大人しいといえばそうなのかもしれないのですが、今の自分にはこういう音風景がとても気持ちがいいのです。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -