So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

Catalinbread Adineko - ディレイ - [楽器・機材]

adenekid.jpg


動画を見ていてどうして気になるエフェクターを発見。調べたところ国内販売されている模様だったので、ネットにて購入。さっそく試したところこれがなかなかユニークで素晴らしい。なんというか、音が揺らめくというか、通常のディレイとはだいぶ違います。一言でいえばモジュレーションディレイなのですが、今迄聴いたことのない音の感じです。面白そうなので、軽くサンプルを作ってみました。
今回はこちらにアップしてみます。



使用した楽器はこれ。

buku1.jpg


ベーシックをAdineko のみ、オーバーダビングはDigitech のMosaic をプラスしています。

どうでしょう?音の所在が不安定な感じがいいですね。最近は変わったエフェクトがあれこれ出てきて楽しいのでできるだけ試したいのですが、資金がねえ(笑
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

多摩川所感 [その他]

tamagawa2.jpg


暖かかくなってきました。犬の散歩も一緒に動いてると暑いぐらいです。
しかし、花粉症が酷い(笑 今年は花粉の飛散がニュースになってからも全然平気だったので、「齢とってきたからもしかして」という淡い期待があったのですが、ここ1週間ぐらいで一挙にきました。年寄りになってレスポンスが悪くなっただけなのでしょうか(笑

それと、このブログでは春の挨拶にがわりにアップしているものを。

tamagawa1.jpg


ハマダイコンです。まだ数は少ないのですが、もうすぐ一面に咲いた風景が見られます。

今日は、久々にMacに向かって新しいアルバムのアイディアを練ってみました。今回は少ない楽器での構成がテーマの一つです。サンプル音源やソフトシンセを立ち上げて音を探っていると、ついあれもこれも使いたくなってしまいますが、メイン楽器のアコースティック楽器「プラス」が基本なのです。少ない楽器同士が「ただそこに在る」という音風景が理想形ですねえ。

それから・・・前お話ししたギリシャブズーキですが、手に入れられそうな感じです。民族楽器で現在も作り続けられているものは、芸術的品的な要素がなければ意外と高くないのです。受注生産とのことで、しばらくかかりそうですが。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ギリシャブズーキ [音楽・動画]



僕がメインで演奏している楽器はアイリッシュブズーキ(少々カスタマイズされてますが)なのですが、実は最初に手にしたのはギリシャブズーキなのです。手放した大きな理由はボディ形状でした。ラウンドバックという丸いボディになかなか馴染めなかったですねえ。肝心なフレーズで「ツルッ」となってしまうワケ(笑 

もう二度と手にすることもないだろうと思っていましたが、少し前に手に入れたマンドラを演奏している内に、ラウンドバックを構えるコツが掴めてきたような気が。入手できればもしかしたら再度手にするかもしれません。

というワケで最近のギリシャブズーキ界隈はどうなっているのかなあ?と探していたら見つけたのがこの動画Michael Paourisというプレイヤーなのですが、まあああああ弾きまくりですねえ(笑 前からギリシャブズーキ関係の動画ってやたら音数の多い弾きまくり系のプレイヤーが多いように認識していましたが(お国柄?)、この方はひと際目立ってました。フレーズもモダン。自分もこのオクターブ違いの復弦を弾いてますからわかるのですが、この速さでこれだけの粒立ちで弾き倒すのは生半可なテクではありません。

ついでにもう1曲。



<Donna Lee>を演奏してますが、これまた無駄に速くて最高ですね(笑

このタイプのプレイヤーには、高評価に対しての低評価が必ず少なからずあります。曰く「心がこもっていない」とか言われてしまうワケですが、なんでしょうねかねえその「ボンヤリ」した評価の仕方。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

激安エフェクター - Donner Stylish Fuzz - [楽器・機材]

donner1.jpg

ここ最近ネットでもよく見かけるのが、小型エフェクター。一時期はやたら筐体のデカいものが流行っていたように思うのですが、ここにきて「小型」で「激安」なものが増えてきているような気がします。確かにエフェクターボードに入れたものの、ライブで一回使うかどうかといったエフェクターに面積とられるのはいかがなものか・・・といったところでしょうか(笑 

そんな中、楽器店サイトを覗いていたらブラウザの隅にamazonの「タイムセール」の文字。クリックしてみたところこのエフェクターを発見。お値段が送料込の2,980円!確かに歪み系は安いものが多いのですが、それでもこのお値段はビックリです。現物も見ていないし危険な感じもしましたが、Fuzzであればショボイはショボイなりに、使い道があるので話のネタにまあいいかと(笑

で、届いてみてちょっと驚きました。パッケージも本体もかなりの完成度です。だいたい安価の中国製は金属加工が荒かったり、ツマミがダメだったりするのですがこれはしっかり出来ています。

さて肝心の音はというと悪くないです。つかむしろ良いといっていいと思います。メーカーの説明ではマフ系とのことですが、さすがにちょっと違うかなという感じです。それでもどちらかと言えばディストーションの感じがあるところは狙いとしてはわかります。サスティンがあまり伸びないのと、目いっぱい歪ませても原音が残る感じがあるのが、個人的には使い易いと思いました。又ドライブとトーン、レベル調整でかなりいろんな音色を作れますから、ジャズ系の音色にちょっとファットな感じを加味する時とかにも使えそうです。いやあ・・・中国製恐るべし。舐めてはいけません。

しかし不思議なのはこのコストをどうやって実現しているのかですね。初め写真で見た時は、One Controlあたりの筐体の流用?とか思っていましたが、実際に手持ちのものと比べてみるとこんな感じ。

donner2.jpg


だいぶ違いました。まあOne Controlは2電源方式なので、少し大きいのは仕方ないとして、やはりDC電源のみというのがコスト減に影響が大きいのかもしれませんね。
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

いつの間にか齢をとっていた(笑 [音楽]



今年初のライブが終わりまして、足を運んでいただいた方、ソロアルバムを購入していただいた方本当にありがとうございました。Gieeさんは初めて演奏する場所でしたが、とてもリラックスして演奏できました。バランスもすごく良い。また演奏してみたいお店でした。

昨年はアルバム制作でほとんど外に出なかったので、今年はもう少し人に向かって演奏しないとなあ・・・となんとなく思いました。

動画は今回のライブの模様です。まずは「花酔」という曲。パーカッションの怜雄君と演奏するようになった初期のころから演奏してますね。

次の曲は「Crimson Tree」。この曲はインプロビゼーションをする為の「枠」の曲なのです。ちょっとわかり難いかもですが(笑



怜雄君に言われて気が付いたのですが、僕らがこういう音楽を演奏するようになって5年が経過しています。昔の動画を見ると同じ曲でも随分変わっています。即興演奏の面白さは再現することではないと思っているので、こうやって記録されたものを見る(聴く)と実に興味深いものがありますねえ。

僕らだけが気が付いていることかもしれませんが(笑
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ライブの話など [音楽]

ap1.jpg


前回お話ししましたライブのお知らせです。

2.18(Sat) Open 19:00 Start 19:30 Charge 2000円

ふた組のグループで即興演奏を中心にお送りします。
多摩川音響はオーネットコールマン、デレクベイリー、ホセインアリザーデらの音楽に影響を受けた即興を中心としたスタイルの演奏をします。

田中 悠宇吾,宮木修平は北インド音楽に基づいた即興演奏をします。


○会場
国分寺Giee
(当日はお食事なし、ドリンクのみとなります)

http://giee.jp/

gee.jpg


○出演
多摩川音響 
山田朋秋 ブズーキ
蔡怜雄 トンバク、ダフ、レク

田中 悠宇吾 シタール
宮木修平 タブラ

お時間のご都合がよろしければ、是非足をはこんでやってください。

それから、以前ご紹介しましたソロアルバム。

tamagawaonkyo1.jpg


ですが、ネットラジオ等でご紹介していただいています。

http://naritaruc.blogspot.jp/2016/11/narita-456.html?m=0

http://www.freeformfreakout.com/fffoxy-podcast-88/

https://dyingforbadmusic.com/blog/post/2016/11/dfbm-92-morning-raga-pt-xiii.html

いろんな方が手に(耳に)していただくと嬉しいですね。


あ、2月だ(驚愕
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

準備 [音源]

zoom.jpg

お正月からなんとなくボンヤリとしてしまっていたのですが(長すぎ!)、ようやく音楽方向にスイッチが入りました。こういう時は案外他人の力がうまいこと働きかけてくれるものです。信頼できるミュージシャンの一人であるパーカッションの蔡君より連絡があって久しぶりのリハ。拙宅で音を出しているいるうちに、「久しぶりにライブでも」という話になり・・・2月18日にライブをやることに(詳細は後日)。で、本日はライブを踏まえてのリハ。このデュオでの演奏はアコースティックなアプローチにこだわってきましたが、今回はエフェクトなども使って新しいアプローチを試してみる予定です。この辺はソロ音源を作ったことも影響してますね。プレイバックを聴いた感じはなかなか面白い音になりそうです。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

明けましておめでとうございます [音楽]

geisyun.jpg


今年もよろしくお願いします。




nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今年も終わりです [音楽]

omisoka.jpg

今年もあっという間に年末です(笑 やれた事、やり残した事もろもろありますが、音源を制作できた事はテクニックを見直したり、アプローチを客観的に見れた事が一番の収穫でしたね。来年は音源制作ももちろんですが、もう少しアウトドアでの活動(ライブですね)なんかをやってみたいものです。

今日は実に穏やかな年末となりました。
皆さま良いお年をお迎えください。
タグ:大晦日
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

James Blood Ulmer [音楽]

jbu1.jpg

James Hendrixブルーレイを見まくっていたら、ふと思い出して聴きたくなったのがJames Blood Ulmer だった(笑 一時期ハマって聴いていたのですが、ちょっと飽きた感じがあって2枚ほど残して手放してしまっていたのですが、久しぶりに聴いてみたらめちゃくちゃハマったというか腑に落ちたモノがあったのです。とりあえず新品はもはや入手が難しくなっていたので、オークションやらユニオンを探しまして・・・あれこれ買い込んで聴きなおしてみるとえらく面白い。というかなんとなく自分が今取り組んでいる音楽になんとなく近い感じもありました。

確かJames Blood Ulmer がギター雑誌等で話題になっていたのが1985年ごろだったと思います。実はOrnette Coleman の「ハーモロディック理論」なるものを知ったのも、実はウルマ―のギターマガジンかなんかのインタビューだったかと記憶しています。

あれこれ説明するより実際に聴いて(見て)いただいたほうがわかり易いと思います。
まずは初期の頃の演奏から。



これはPhalanx というバンド名義ですね。

ちなみに最近はすっかりブルースマンになってしまってますが(とは言ってもなんか変わってますけど)。



もっとジックリと聴きこんでみようかと思っています。

ウルマ―がらみでもないのですがこういうブラックフリーファンクとでもいうのか、珍しい人を見つけてしまいましたのでついでにご紹介。



70年代のMiles Davis バンドにいたDominique Gaumont です。
これもまたカッコいいですねえ。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -