So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

また聴きなおしています- Fairport Convention -



Pentangleに続いて聴きなおしているミュージシャン(グループ)があります。 Fairport Conventionなのですが、ここも「敢えて聴かない」ミュージシャンにしていたのですが(笑) Pentangle解禁とともに手持ちのアルバムを聴きなおしています。やっぱり個人的には2枚目のアルバムがいいですね。単純にSandy Dennyがいるからなんですけど、この方の歌はやっぱり別格。僕は最近歌モノの楽曲はほとんど聴かないのですが、久しぶり聴いたらいっぺんに魂もってかれました(笑)

ちなみにグループを抜けた後、曲のタイトルをグループ名にしたバンドにいましたがこれもいいんですよ。



しかしこんなキレイな動画が残っていたとは。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

初録 - WingBass デモ - [音源]

wingbass2.jpg


新年初録音は、前回ご紹介したWingBassをメインにしたデモです。ついでにウッドベースのソフト音源も足してみました。

https://soundcloud.com/tamagawa-onkyo/eclosion-wingbass-demo

やはりこの楽器はなかなか面白いのですが、問題点もあります。ショートスケールで1オクターブ高いチューニングなのでテンションがそれなりにあります。いつものように6分程度弾き続けると指がなかなか厳しい。まあこれは自分の問題なので、フィジカルトレーニングが必要ですね。

話変わって。
最近はあえて聴かずにいた音楽をまた聴き始めています。Pentangle なのですが、正月休みにまとめて聴いていたところ改めて面白さを発見。



一時期好きすぎて演奏がそれっぽくなりすぎてしまったので封印していたのです。ベースのアプローチを探るために聴いてみたのですが面白いヒントがありました。やっぱりいいなあ。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

明けましておめでとうございます [その他]

geisyun.jpg


本年もよろしくお願い致します。
nice!(4)  コメント(0) 

今年も終わりです [楽器]

wingbass2.jpg

いやあ、今年も早かったですが(笑 12月は一瞬でしたね。
今年2作目の音源をリリースできたので、来年もこの調子で3作目を完成させたいですね。今考えているのは「ベース」です。これまではあえてベースの音を外してきたのですが、次回は楽曲の中でベースとして機能させるのではなく、「音色のバリエーション」として使ってみる予定です。

実は念願の楽器を入手できたのがヒントになりました。それが画像のWing Bassという楽器です。しばらく前からYoutubeで見て知ってはいたのですが、アメリカでハンドメイドで製作されているらしく日本での代理店はまったくありませんでした。なのですが以前もお世話になったことのあるあぽろん楽器さんが取扱いをされているのを発見。速攻で購入してしまいました。これって要は通常のベースの12フレットから上を楽器にしたものです。ちなみに5弦なのですがHi-C(高音側にCを追加)したチューニングにしてあります。ピックアップはバルトリーニになので、個性といった部分ではちょっと薄いのですが逆にエフェクトのノリはいいですね。この休み中に1曲サンプル音源を作ってみる予定です。

では皆様、良いお年をお迎え下さい
タグ:WingBass
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Reunion ~ 今年もあと少し ~ [音楽・動画]



しばらくご無沙汰でした。年末で忙しいのと飼い犬が病気で手術だったりで、さすがに「師走」であります。

ひとところ有名バンドの再結成が続いて、僕も興味はあったのですが「ガックリしたらいやだなあ」と思って遠ざけていました(笑 なのですが、軒並みBlu-ray化されたので思い切ってまとめて買ってみました。まとめてみた感想はどのバンドも流石の仕上がりで、嬉しかったですねえ。偉そうですが個別にコメントしてみます。

まず冒頭は、一番心配だったLed Zeppelin。ドラマーはやっぱりというかJason Bonham。気を使って似せてきたのかどうだかですが、やはり「今」のドラマーといいうか新しいんですよね。全体的に機材なんかも最新のモノになったり、ギターもテクノロジー満載なのですがきちんとLed Zeppelinですがきちんと今のバンドサウンドになっていました。



次は、The Police。一番近い年代まで活動したし、解散後もソロ活動をコンスタントにしていたしで演奏の劣化は心配していなかったのですが、逆に古く聴こえるのではないかと思いましたがそんなことはなかったですね。人数少ない事もあってサポートを入れてくるかと思いましたが、オリジナルメンバーのみ。Andy Summersのギターの頑張りは現役の時より多かったかも。Stewart Copelandはちょっと落ちついたのかエキセントリックな感じが消えてキッチリとしたドラミングになっていましたね。



最後は、Cream。びっくりしたのは、実はこのバンドが一番新しい音になっていました。もちろん機材の進歩で楽器の音が良くなっていることもあるとは思います(特にドラム)。でもそれだけではないと思います。各人が色んな音楽スタイルを演奏する中で血肉にしていったものが、昔の楽曲も新しくしてしまったのだと思います。特にEric Claptonは、リズムの感じがかなり変わっているように思えました。

いやあどれも良かったのですが特にCreamが良かったですねえ。遅ればせながら見てない方は是非Blu-ray、DVDを購入してみてください。

自分も彼らの年齢になった時、こんなに新鮮な感じで音楽を演奏できるのかどうか、感慨深いものがありました。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Dancing In The Wind - 動画配信 - [音楽・動画]



多摩川音響では初のPV(のようなモノ)を作ってみました。これまでもライブ動画は配信していましたが、こういうものは初めてですね。以前よりはフリー動画も増えていてそれらしい短めの動画をつないで、エフェクトとトリミングでなんとか6分越までもっていきました。ホントはもう少しいろいろやりたかったのですが、パソコンの能力オーバーとなってしまい断念しました。こちらに貼っておきましたので、お楽しみいただければと思います。

今回はレオ君からの意見でYoutubeを使ってみましたが、確かに今は動画配信の方が一般的かもですね。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Down By The Riverside - 配信開始 - [音源]

downbytheriversidesm.jpg


アルバムの配信準備が完了しました。基本はiTunesとamazonからになります。他にもいろいろあるのですが、僕自身があんまり馴染みがないもので(笑 いずれも「多摩川音響」で検索していただくとヒットします。このブログからのリンクはページ左側の「ダウンロード配信はこちら」に設定しておきました。アルバムとうたっていますが、バラで購入いただけますので、気になる曲がありましたらよろしくお願いします。メンバーとして参加してくれたパーカッションの怜雄君から「youtubeで聴けるようにしては?」という提案があったので今検討中です。

季節外れの台風が近づいています。皆さんもお気を付けください。
明日朝は電車厳しいだろうなあ。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Down By The Riverside [音楽]

downbytheriversidesm.jpg


アルバムのジャケットを作って配信の手続きを完了。個人でやる音楽制作は、プロデューサーとディレクターとエンジニアと作曲と演奏とデザイナーをやる事になるので、青息吐息になります。まあ自由といえば自由だし、誰に命令されているワケでもないのですが(笑

そして来週は選挙投票日。毎度投票にはでかけますが、正直げっそり。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Down By The Riverside - ミックスダウン完了 - [音楽]

river.jpg


ようやく音源が完成しました。いやー思ったより手こずってしまいましたが、これでデュオ音源としてはトータルで9曲となったので、アルバムとすることにしました。デュオ音源はソロよりもエスニックな感じが強いので千里レコードさんからではなく、配信によるダウンロード販売とする予定です。タイトルはは<Down By The Riverside>とします(たしかゴスペルかなにかで同名の曲があったかな?)。

調べたらこんな曲。



いい曲。

詳細決定しましたらまたお知らせ致します。

さて話題変わって、またぞろあれこれと「モノ」を整理しています。楽器はアコギを2本。それから服です(笑 レザー系のコートだのそこそこあったのですが、最近アウトドア系の服に切り替えたらもう革なんて重くて着てられない。まあ、おっさんになって体力落ちたとも(笑 まとめて売ったらそこそこの金額で買い取ってもらったのですが、そこの店長さんが「これいいです!」と喜んでいらっしゃったので、こっちもちょっと嬉しかったですねえ。

さて配信の準備終わったら、次はソロ音源の制作。あとのびのびになっているセッションと、ライブもやれればいいなと。
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

SONNY ROLLINS IN JAPAN [音楽]

liveinjapan1.jpg


月が変わってしまいました。しばらくご無沙汰でした。多少は秋めいてきまして、だいぶレコーディングもやり易くなってきました。現在デュオ音源3テイクのオーバーダビングとミキシング作業を続けてます。なんだか今年は急に短納期の仕事がまとめてきたり、家族が入院したりで予想外に作業が分断されてしまって焦り気味です。まあこういう時に一人で熱くなってもろくなことないので、多少の居直りと気持ちの切り替えで「ホイッ!」と乗り切っていきますです。

さて、こんなCDが発売になっていることを知りませんでした。SONNY ROLLINS のライブ盤なんですがこのアルバムにはギタリスト増尾好秋がメンバーとして参加。ピアノレスということもあり彼の若き日の演奏もたっぷり聴けるライブ盤だったのですが、どーも2015年あたりに「完全盤」としてカットされた音源(CD1枚分!)を加えて2枚組リマスター盤として再発されていた模様。すでに新品では入手できず困った時のディスクユニオンさんで中古盤を発見、無事に入手できました。ちょっと引っ込み気味だった音質も改善され、カットされた演奏も良い演奏で久々に大盛り上がりで聴いていました(笑 

ロリンズは1回だけライブを体験したことがあって、確か高校生の頃「ライブ・アンダーザスカイ」という野外ジャズイベントでした。ほんとはスタンリー・クラ― クとジョージ・デュークの<The Clarke/Duke Project>が目当てだったのですが、生で聴いたロリンズの凄い事。とにかく吹きまくりでフレーズが溢れて止まらんといった感じでした。そーいえばこのライブでパコデルシアも初体験したんだった。アコースティックだったけどこれも凄くて、「うわーギターってあんなに上手くないといかんのか・・・」とか(笑

今はこういうタイプの演奏はあんまり好まれなくなったような気がする(といういうよりジャズなんて聴く人が減ってるんだろうな)のですが、久しぶりにこの時代の他のミュージシャンのアルバムも聴き返しております。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -